現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月14日更新

【女子必見】メガネメイクの5つのポイント

3405 views

日によって、メガネとコンタクトを使い分けています。コンタクトの日は良いのですが、メガネの日ってなんだか全体的に地味な印象になってしまいます。メガネ用メイクについて教えて下さい!(大学3年 女子)





女性



伊達メガネならまだしも、度が入っているメガネって目が小さく見えてしまうんですよね。
なんだか目元がはっきりしないという悩みを常にメガネ女子は持っていると思います。
メガネの日用のメイクについてまとめてみました。









アイラインは長め、アイシャドーはグラデーションに

度入りレンズのせいで目の大きさは2割くらい小さくみえるし、レンズの反射でなんだかぼんやり見えることも。
まずはアイラインは目じりよりさらに長めに描くのがポイント。
更に、目じりのキワをちょっと上に跳ね上げればフレームの横からちらっとのぞくラインが可愛いですよ。
色ははっきりとした黒がおすすめ。


ただし、囲み目をしてしまうと、レンズの下で更に目を小さく見せてしまいます。
下のラインは黒目の下だけに軽く入れると、囲み目にならず、自然な感じでデカ目効果が期待できます。
アイシャドーはグラデーションを意識してみて。
レンズの奥でも目を立体的に見せてくれますよ。









まつげはあまり上げすぎないように…



メガネ女子なら「あるある!」という悩みのひとつ、ビューラーでまつげを上げすぎると、レンズに当たること。
まばたきする度に気になってしまいますよね。
つけまつげなんて、もってのほか!悲しいけれど、レンズの壁はいつもメガネ女子のまつげを遮るのです。


まつげの長さを出せないのは厳しい!とお嘆きのメガネ女子の皆さんに
是非ご提案したいのがまつげの濃さを演出する方法。
ビューラーは少々持ち上げ、まつげ全体を整える程度にとどめ、マスカラは軽く塗っていきます。
そして、まつげとまつげの間を、しっかりとアイライナーで埋めてしまいましょう。









チークはふんわりと優しげに



実はメガネメイクにチークは欠かせないポイントです。
なぜなら、かっちりしたフレームが頬にかかっているメガネ女子は、
どうしても固い印象を与えがちだから。


そこで、ピンク色のチークをふんわりと頬に載せていきましょう。
斜めにシャープに入れるのだけはNG!教育ママ的になってしまいます。
ポイントはあくまで丸く、ふんわりと、です。
知的な表情の奥に女性らしい温かみが出て、魅力アップ!ですよ。









唇はあえてナチュラルに



メガネ女子は既に目にメガネという大きなポイントを置いています。
そこへ更に唇にもポイントを置いてしまうと、なんとなくうるさい印象に。
真っ赤なルージュなどで唇を目立たせるより、逆にナチュラルなヌード系のカラーを選択してみましょう。


リップグロスも控えめなツヤ感が出るくらいのタイプにとどめておいて。
ギラギラと光を放つようなグロスだと、レンズとあいまって、
上も下も光ってる…という印象になってしまいます。










鼻パッドにあたる部分のファンデは軽く!



メガネの鼻パッドがあたる部分のメイク、どうしても崩れがちですよね。
夏場なんてよれたファンデーションがその周りにドロドロと悲惨…これもまたメガネ女子の宿命。
まずは鼻パッドにあたる部分は日焼け止めだけはしっかり塗ります。


そしてファンデーションはごく薄めに塗るか、いっそのこと塗らないのもありですよ。
特にパウダーファンデーションはよれやすく、鼻パッドを汚しますので、顔全体につけた場合も鼻の部分だけは
ティッシュでしっかり押さえておきましょう。
そのひと手間がメガネ女子の鼻まわりをきれいに保ってくれます。



上記以外にも、フレームの色とアイメイクとのバランスを考えたりするのも楽しいですよ。
メガネも可愛さを演出するアイテムのひとつとして、トータルコーディネートを目指しましょう。
(しかし裸眼の状態でのアイメイクって本当に大変ですよね…)



2015年10月14日

written

by


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop