現在17272個の困ったを解決できます!

2014月10月12日更新

「起業 するには」と調べている人に勧めたい3つのイベント

362 views

起業に興味があるのですが、まず何からすれば良いのか分かりません。起業する方法について知りたいです。(大学2年生 男性)


大学生になって、様々な刺激を受けて起業に関心を持ち
「起業 するには」と調べたことがある人は多くないにしても一定数いるのではないでしょうか。

そんな、起業はしてみたいけどどうすればいいのか分からない。
起業する仲間はどうやって集める?起業するときのサービスはどうする?
といった疑問を持った人達にオススメのイベントを今回は紹介していきます。

 

startup weekend(短期集中型サービス開発体験)





ハッカソンというイベントを知っているでしょうか。
ハッカソンとはITの分野でよく使われる「ハッキング」(物事を良く理解し上手く活用するという意味)
という言葉と「マラソン」を掛け合わせた言葉です。
2日から3日ほどで集中してプログラミングを行いサービスを作り上げていくイベントのことを指します。

startup weekendは全国で行われている「スタートアップ体験をすること」に特化したハッカソンイベントです。
元々アメリカで盛んに行われていましたが、ここ数年日本でも行われるようになってきました。
アイディアをカタチにするための方法論を学び、スタートアップをリアルに経験することができます。
weekendという名の通りどのイベントも金曜の夜にチームビルディングのためのアイデアピッチが行われ
土・日で開発を行い日曜の17時ごろからプレゼンテーションを行います。

このstartweekendには学生・社会人問わずとにかく起業することに興味がある人達が集まります。
そのため「スタートアップ体験」が出来ることはもちろん、
仲間集めやスタートアップ界隈での繋がりを増やすことが出来ます。

 

IVS ワークショップ(起業家達による講演会イベント)





起業するとはどういうことなのか、どうすればいいのかといった基本的なことを知りたい場合は
本を読むか、起業家が話すイベントに足を運ぶことをオススメします。
その類のイベントの中でIVSは大きく有名なイベントの一つです。

以下IVS HPより

"Infinity Ventures Summit(インフィニティ・ベンチャーズ・サミット。以下IVS) は、
「無限の可能性をもつベンチャー企業を生み出す場・集まる場」という意味を込めた
インターネット、モバイル、ソフトウエアなどIT業界の国内外の経営者・経営幹部を対象とした
年2回の招待制のオフサイト・カンファレンスです。"

 

一見社会人向けのイベントと思いきや実は、
IVSはIVSワークショップで学生オーディエンスを広く募集しています。
事前審査登録制なので、web応募による審査が入りますがほとんどの場合落ちることはなく
オーディエンスとしてイベントに参加することが出来ます。

起業家の方達が学生向けに多く話をしてくれるので、
起業に興味がある人は是非一度は参加して欲しいイベントです。
起業に対するマインドセットなどを学ぶことが出来ますが、それだけでなく仲間作りにも最適な場所です。
過去のワークショップイベント動画もあるんので参考にしてみて下さい。

Bizcast (IVS2014サマーワークショップの動画)

 

起業チャレンジ・Startup Boarding Gate(起業支援型プログラム)



 

実際に起業をしてみようと考えている人の中には、元資金をどうしようと考えて
躊躇する人もいるのではないでしょうか。
そんな方には起業支援型のビジネスコンテストかプログラムに参加することをオススメします。

今回は2つの起業支援型プログラムを紹介します。

Startup Boarding Gate 



 

株式会社ドリコムが主催するアクセラレータープログラムです。
起業を育成・支援しながら元資金の提供も行ってくれます。
今年(2014年)は8月の初めに募集があり、そこで採択された5つのチームが100万円の資金提供を受け起業し、
サービスの開発・運用を行って12月のデモデイに備えます。
デモデイで他の投資家やベンチャーキャピタルに投資を行ってもらえれば事業続行、
投資を受けることが出来なければ事業をたたむことになります。
2014年に初開催で来年以降も行われるかどうかは分かりませんが、
起業のハードルをとても下げてくれるプログラムです。

 

起業チャレンジ



スカイライトコンサルティングというコンサルティング企業が主催するビジネスコンテストです。
優勝チームには起業し事業化することを前提に最大300万円の起業資金提供を受けることが出来ます。
過去の優勝チームによって事業化されたサービスを実際に見ることが出来るのでサイトを見るだけでも勉強になります。

 

 

以上、「起業 するには」と調べている人に勧めたい3つのイベントの紹介でした。
積極的に足を運んで起業など、自己実現を達成していって下さい。

2014年10月12日

written

by aritaku


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop