現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月20日更新

意外と知らない!洋食を楽しむためのテーブルマナー

492 views

 洋食を楽しむためのテーブルマナーを教えてください。(大学3年生 女性)


特別なデートや会食など、改まった場での振る舞いに自信はありますか?
普段よりワンランク上の席で、エレガントかつスマートに
洋食を楽しむために知っておきたいテーブルマナーを見てみましょう。

洋食

© Tsuboya - Fotolia.com

 

 レディーファーストが鉄則



洋食の席では欧米流のレディーファーストが大前提となります。
儒教の伝統の強い東洋では、
年上の男性→年下の男性→女性という序列がしみついていますが、
欧米では年齢に関係なく優先順位は女性→男性となります。

移動の際は常に女性に前を歩いてもらうなど、
万事において女性を優先します。

男性陣は照れずにレディーファーストを実践しましょう。
また、女性側も遠慮したりせず、堂々とレディーファーストを受け入れましょう。

 

ナイフ&フォークの基本



洋食ではスープ用、肉料理用、魚料理用など料理に応じてナイフとフォークを使い分けます。
そのためお皿の両側には何セットもナイフ&フォークが置いてありますが、
これらはサーブされる料理に合わせて置いてあるので、
外側から順に手に取っていけば間違えることはありません。

食事の途中にナイフとフォークをいったん置く際は、ハの字の形に置きます。
料理を食べ終わったら、ナイフとフォークを揃えて置きます。
食べ終わってもうっかりハの字のままにしておくと、
いくら待ってもサービス係さんは片づけてくれないのでご注意を。

また、フォークの背に食べ物を載せるのはやめましょう。
ご飯や細かく切られた野菜などフォークに刺さりにくいものは、
フォークを返し、腹の部分ですくうようにしましょう。

 

ナプキンの扱い方



着席時、ナプキンは美しく折りたたまれた状態で目の前のお皿の上に載っています。
ナプキンが載ったままだとサービス係さんが料理をサーブできないので、
着席したら、もしくは乾杯や挨拶などが済んだらナプキンを取り、
二つ折りにして膝に置きます。
首元からぶらさげるのはやめましょう。

食事中に指や口元が汚れたら、ナプキンを使ってぬぐいます。
トイレなど、食事の途中でいったん退出する際は、
必ず椅子の上にナプキンを置いていきましょう。

テーブルの上に置くと「食事が終わった」という意味になってしまうので気をつけましょう。

帰る際は軽くたたんでテーブルの上に置きます。
この際はなるべく汚れた部分が見えないようにたたむとベストです。

 

お肉料理のいただき方



ステーキは向かって左側から切っていきます。
まず一切れ切り取ってから一口サイズに切り、口に運ぶのが正式な食べ方です。
カジュアルな場ではアメリカ式に最初に全部一口サイズに切り分けてしまってから
食べ始めてもかまいませんが、改まった席では避けましょう。

 

ワインの頼み方



ワインをオーダーする際は、ソムリエに好みを伝え、アドバイスしてもらいます。
その際はワインリストを見ながら、希望の価格を指で示し
「このぐらいの予算で」と伝えておけば会計時に慌てずに済みます。

また、ワインのテイスティングはあくまでも選んだワインの品質を確認するためのものです。
味が好みでないなどの理由で交換を希望するのはマナー違反です。
実際に飲んでみてなんらかの異常があった場合を除き
「これでお願いします」「おいしいですね」と伝えるのがスマートです。

いかがでしたか?洋食だからといって固くなる必要はありませんが、
基本のマナーを知っておくだけで自信が持て、
非日常の雰囲気をいっそう楽しむことができますよ。

 

2014年10月20日

written

by cece


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop