現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月23日更新

なぜ?公務員が副業を出来ない理由

1025 views

公務員ってなぜ副業をしてはいけないのでしょうか。(大学4年生・男性)


 

働く男性

 

ニュースを見ていますと、
公務員が副業を行い問題になることがあります。

一般の企業でも副業禁止の規定はありますが、
公務員の副業は厳しく禁止されております。

なぜ公務員だけそこまで副業が厳しく禁止されているのか、
疑問に思うことはないでしょうか。
また、公務員はどれだけ生活に困っても副業禁止なのでしょうか。

なぜ公務員の副業が禁止されているのかということを、
具体的に説明いたします。

 

法律で禁止されている副業



公務員は地方公務員・国家公務員に関係なく法律によって副業を禁止されています。
(地方公務員法38条・国家公務員法104条)
では、なぜ公務員の副業だけが法律で厳しく定められているのでしょうか。
それにはさまざまな理由もあります。

 

癒着防止



公務員とは地方や国家の為に働く職員です、
その職員が特定の会社や職業に利益を与えていると誤解されてしまうと、
大きなマイナスイメージとなってしまう為です。
それを避けるために特定の会社や職業での副業が禁止となっております。

 

本業に支障がでることを防ぐ為



副業を行っているときに疲れきってしまったり、
けがをしてしまい本業に差し支えることがありますと、
地方や国家の為の仕事に支障がでてしまうからです。

 

公務員のイメージを損ねない為



世間のイメージがあまり良くない副業を行っていると、
勤務先の良くないイメージを持たれてしまい社会的な信用を失う可能性がある為です。

 

秘密保持の為



本業で知りえた秘密情報などを利用し副業で稼ぐことを防ぐ為です。
では、実際に違反してしまうとどのような処分となるのでしょうか。
違反した場合に刑事罰が適用されることはありません。
ただし、戒告・減給・停職など厳しい懲戒処分の対象になります。

公務員の副業が厳しく禁止されていることに関して説明いたしましたが、
生活に困窮してしまった場合でも行えないのでしょうか。

 

例外



実は例外的に許可を得ることが可能です。
下記の3つの用件を満たした場合は許可をもらえることがあります。

・アルバイトを行うことにより本業に支障がないと認められること
・アルバイトを行う勤務先と公務員としての勤務先との間に利害関係がなく、
今後も利害関係が生じる可能性がないこと
・公務員の社会的信頼や品位を損ねることがないこと

このような理由があるため、公務員は原則副業ができません。
ですが、生活に困窮してしまった場合はきちんと許可をとれば
副業を行えます。

 

最後に



公務員は国民全体の奉仕の為に働く為、職務の公正さや中立性を強く要求されている為、
特定の職業に利益を与えているように疑われたり信頼を失うわけにはいきません。
その為に原則副業が禁止となっております。
どうしても生活が困窮してしまった場合などには、例外的に許可を得ることも可能ではありますが、
公務員の副業は禁止という認識を持っておくのがよさそうです。

2014年10月23日

written

by クマノ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop