現在17271個の困ったを解決できます!

2014月9月29日更新

ストッキングが伝線したときの応急処置法10選

25668 views

ストッキングが伝線したときの応急処置の方法を教えてください!(大学3年生 女性)


足をきれいに見せるために欠かせないアイテムの一つである「ストッキング」。
外出中などに何かにひっかけて伝線してしまうなんてことはよくあることかと思います。
予備を常に持ち歩いていてもすぐに変えることができるとは限らないですし、
本当に焦ってしまいますよね。

今回は時間がないときでもできる、
ストッキングが伝線したときの応急処置法をご紹介いたします。

ストッキングを履いた女性

© narumi333 - Fotolia.com

 

伝線しちゃったときの応急処置法



透明なマニキュアやトップコートを塗る



有名な応急処置法なので、知っている方もいるかと思います。
ストッキングは引っかけた穴をふさぐとそれ以上伝線しなくなるので、
伝線の始めと終わりの2ヶ所に塗れば伝線を防いでくれます。
トップコートは速乾性があるため、時間がないときにおすすめの方法です。

 

液体のりを塗る



正直、外出のたびにマニキュアやトップコートなんて持ち歩いていませんよね・・・。
そんなときには、マニキュアやトップコートの代わりに液体のりを代用しましょう。
ただし、ここで注意していただきたいのが、液体のりですと乾くまでに時間がかかってしまうので、
完全に乾いてから動くようにしましょう。

 

ソックタッチを塗る



マニキュアや液体のりと違って液体ではないため、
繊維に入り込みにくいのですが伝線を止めることができます。
しかし、塗る場合には注意が必要で穴の周辺に円を描くように塗ってください。
下に向かって塗ってしまうと、さらに伝線が広がってしまいます。

 

ヘアスプレーをかける



固めるタイプのスプレーを伝線の穴に向かって吹きかけて下さい。
トップコート同様、速乾性はありますが、繊維への密着度が少し弱いので注意が必要です。
速乾性がある、という面ではおすすめのやり方ではありますが、
肌の弱い方にとってかぶれの原因になる場合もあるので、十分に注意してください。

 

 

事前に伝線を防ごう!



伝線したときの応急処置法を知っておくことも大切ですが、
実は伝線しないための対策もあるのです。
新しいストッキングを買ったとき、洗濯をするときに実践してみましょう!

 

冷凍庫で冷やす



ストッキングを霧吹きやヘアスプレーで少し濡らしてから、
ビニール袋に入れて冷凍庫で少し冷やします。
冷凍庫で冷やすことによってストッキングそのものが丈夫になり、
繊維が引き締まり伝線しにくくなります。

 

酢水や砂糖水に漬ける



洗面器に酢水や砂糖水をつくり、新品のストッキングを3分ほど浸します。
(お酢や砂糖の割合は適当)

浸したあと、軽くしぼって陰干しします。
お酢や砂糖の成分で繊維に弾力がでます。
そのため、少し引っかけても伸びやすく伝線しにくくなります。

 

洗濯のりをつける



洗濯をする度に、すすぎが終わったら洗濯のりをつけます。
洗濯のりが繊維を補強してくれるので、伝線しにくくなります。

 

アイロンをかける



ぬるま湯にサッと浸して低温アイロンをかけます。
これだけで、爪や椅子に引っかけたくらいでは伝線しにくくなります。

 

手洗いをする



少し面倒ですが、手洗いすることで長持ちさせることができます。
この時に絶対に水を使って洗い、室内や日陰に干すようにしてください。
お湯を使って洗うと、ストッキングの伸縮性が失ってしまい、
伝線しやすくなってしまいます。

 

ネットにいれたまま干す



干すときに引っかからないよう、洗濯ネットに入れたまま干しましょう。

 

いかがでしたか。

ストッキングの伝線はいつ起こるかわかりませんよね。
いつ起こるかわからないからこそ、対策をすることは大切です。
伝線してしまって恥ずかしい思いをしないでいいように、
ストッキングを履く際はトップコートや
液体のりを常備しておくと安心だと思います。

2014年9月29日

written

by ほなたろう


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop