現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月16日更新

乾燥から肌を守る!冬場欠かせないボディケアのポイント

519 views



冬になると乾燥がひどくて、肌のカサカサが気になります…。冬場もしっとり肌をキープするためにはどうすればいいのでしょうか?(大学1年生・女性)






ボディケアをしている女性


© aki - Fotolia.com


ボディのお手入れ、皆さんはしていますか?
夏は紫外線、冬は乾燥。


ボディだって顔と同じように結構なダメージを日々受けているんですよ。



 

日々のダメージの蓄積がシワやシミになって現れてしまう前に、


スキンケアと同様、ボディケアも毎日しっかり行いましょう! 




ボディケアの基本は保湿



ボディケアといっても、難しいことはありません。


大事なのは、しっかり保湿をしてあげること。


高いボディクリームを使用しなくても、


保湿効果があるものであれば基本なんでもOKです。


香りやテクスチャー等で、お好みのものを選びましょう。




大事なのは、塗るタイミング



ボディケアで重要なのは、塗るタイミングなんです。


お風呂からあがったら、できるだけすぐ塗ってあげましょう。


おすすめなのは、浴室で塗ること。


タオルで水気をとったら、そのまま全身にたっぷりクリームを塗ってあげましょう!


浴室で塗ると、乾燥を防ぐ効果もアップしますし、何より全身に塗りやすいです。


これをデイリーケアに取り入れましょう。



 

使用するのはクリームでも、オイルでも、ミルクでも構いません。
少量でマッサージ効果が高いのはオイルですが、


夏場などべたべたが気になる時はミルクにするなど、


気分やシーズンによって使い分けても良いでしょう。


夏場はジェルも冷たくて使用感が良いのでお勧めです。




乾燥がひどい時にお勧め!ヴァセリン



保湿効果の高いヴァセリンは、リップクリームなどにも使用できますが、


乾燥がひどい時はボディに塗ってもとても効果的です。


ちょっとべたつきが気になりますが、


塗った翌朝には格段に肌がしっとりしていますよ。





月に数回はスペシャルケアを



より一層ケアをしたい方にお勧めなのが、角質ケア


市販のものでも沢山の種類があります。


スクラブ入りのものや岩塩配合のもの、アロマ効果のあるものなど。


おススメなのは塩が入ったものです。


塩入りのものは、気になる部分をやさしくマッサージするようになじませると、


血行促進効果もあるので、むくみ改善も期待できます。


中には、マッサージした後そのまま浴槽に浸かると


入浴剤効果があるものもあります。


スペシャルケアをした後は


デイリーケアと同様に浴室から出たらすぐに保湿しましょう。 



 

また、最近では、


デリケートゾーン専用の石鹸やジェルなども売れているんだとか!


見えない部分だからこそ、女子力高い人にとって、


デリケートゾーンのケアも今や当たり前のようです。


デイリーケアに余裕が出てきたら、取り入れてみたいケアのひとつですね!

2014年6月16日

written

by icchunmom


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop