現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月8日更新

誰でも雰囲気美人になれる魔法のメイク術

1488 views

 そんなに美人じゃなくても雰囲気がきれいに見えるメイクってありませんか?教えてください。(大学2年生・女性)


顔のつくりが格別美しいわけではないのに、
どこか美人的オーラを漂わせている「雰囲気美人」。

若干近寄りがたいイメージのある「顔立ち美人」より、
上品で女性らしい雰囲気美人のほうが好まれるとも言われています。

ここでは誰でも雰囲気美人になれるメイクのポイントを見ていきましょう。

メイクをする人

素肌美を演出するベースメイク



ファンデーションの厚塗りは見た目にも暑苦しく、楚々とした雰囲気を台無しにしてしまいます。
まるで素肌のようでありながらシミ一つない陶器肌を演出するには、下地作りがカギとなります。

まずニキビ跡やクマなど気になる部分にコンシーラーをトントンとなじませます。
頬や鼻の毛穴には専用の下地を塗って凹凸をなくし、余分な皮脂を吸着させます。

下地が整ったら、ファンデーションをごく薄く塗ります。
肌のコンディションが良い時は、BBクリームやCCクリームだけでもよいでしょう。

薄メイクが映える肌をつくるには、
毎日のスキンケアと健康的な生活、バランスのとれた食事など日ごろの心がけが大切です。

 

上品で華やかなリップメイク



女性らしく品の良い雰囲気美人の口元メイクは「きちんと感」が命です。

まず、ベージュピンクなど肌の色になじむリップペンシルで唇の輪郭をなぞります。
どんなにナチュラルな色のリップでも、あらかじめ輪郭を取っておかないと
顔から浮いてしまいますので、必ずひと手間かけましょう。

カジュアルな印象になりがちなグロスはポイントづかいにし、
ベースは艶やかに仕上がるリキッドルージュかスティックタイプの口紅がおすすめです。
顔色が明るく見え、本来の唇の色になじむカラーを選びましょう。

 

深いまなざしをつくるアイメイク



雰囲気美人にふさわしいのは、目力よりも深みのある印象的な目元です。
アイシャドウやアイラインの色は黒よりナチュラルなブラウンを選び、
グラデーションをつくることで立体感を出します。

囲み目はきつい印象になってしまうので、下まぶたに塗る際は目じり側4分の1のみにし、
抜け感を作りましょう。

マスカラは必ず下地をつけてから塗り、ダマにならないようコームでとかします。
重ね塗りはギャルっぽくなってしまうので、基本は一度塗り、多くても二度塗りまでと心得ましょう。
もちろん付けまつげやエクステ、カラコンは論外です。

 

主張しすぎない眉メイク



太眉、細眉、困り眉と、眉は流行に左右されやすいパーツですが、
流行り通りの眉にすると「みんな同じ顔」になってしまうという致命的な問題があります。
流行をそのまま取り入れるのはやめ、本来の形を大切にしましょう。

眉を強調するメイクは個性的でおしゃれですが、儚げな印象をつくりたい雰囲気美人メイクにはあまり向きません。
ブラシで眉の流れを整えたら、髪の色に合う色味のパウダーやペンシルで薄いところを補うだけにし、
あまり作りこまないようにするのがポイントです。

 

自然な血色感を作り出すチーク



内側からにじみ出るような自然な赤味の演出が雰囲気美人チークのポイントとなります。
パール入りのチークは人工的な印象になってしまうので避けましょう。

色は肌の色に合わせて選びますが、オレンジやピンクなどパキッとした色よりも、
コーラルピンクやローズなど大人っぽいニュアンスカラーがよいでしょう。

塗り方は、笑ったときに盛り上がる部分から外側へとぼかしていきます。
まん丸く入れるのは子どもっぽいのでやめましょう。
自然な血色に見えるようチークは極力淡くし、
上からフェイスパウダーを重ねると、より自然な印象になります。

各パーツとも「ちょっと薄いかな?」と思うくらいの仕上がりにとどめるのが
雰囲気美人メイクのコツです。

 

いかがでしたか?
雰囲気美人と認定されるには髪型や服装、振る舞い方、しゃべり方など
総合的な印象が決め手となるのは言うまでもありませんが、
まずはメイクから憧れの雰囲気美人を目指してみませんか?

 

2014年11月8日

written

by cece


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop