現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月8日更新

進路を決める前に知っておきたい!意外と知らない公務員の種類教えます!

5028 views

公務員を目指しているのですが、一概に公務員といっても
たくさんの種類がありますよね?詳しく教えてください。(大学2年生・女性)




白バイ隊員



なかなか経済状況の先行きが見えない中、
安定した職である公務員になりたい!という人が増えているように思います。


公務員と聞いて、まず連想するのは
中央官庁の職員や地方市役所の職員ではないでしょうか。


公務員にはあなたの専門性を活かす、たくさんの職種があるのをご存知でしたか?


まずはあなたがどんな仕事をしたいのか、
そして公務員にはどんな職種があるのかを見てみましょう。





国家公務員と地方公務員



公務員はおおまかに次の2つに分類されます。





国家公務員



国の行政機関、特定独立行政法人の職員。





地方公務員



地方公共団体の職員。
採用はそれぞれの地方団体により実施されます。





公務員の職種



公務員の職種は次の2つに分類されます。





特別職



試験などの採用によらない雇用、
選挙や委託により選出された特別な任務を担う職務です。


内閣総理大臣や国会議員などがこれにあたります。





一般職



特別職以外の公務員すべてはこの一般職にあたります。
一般的に公務員試験などにより採用されるすべての公務員は一般職です。






さまざまな専門分野の職種



公務員には行政に関わる職員だけではなく、
自分の専門分野を活かして活躍している人たちがたくさんいます。


どんな専門分野を活かして公務員になれるのかを見ていきましょう。





公安職



警察官や消防士など、私たちの暮らしの安心安全に関わる職種です。


例えば警察官の場合、警視庁で採用された職員は国家公務員となり、
各都道府県採用の職員は地方公務員となります。





教育職



学校教育に関わる教員です。
教員試験は公立学校と私立学校に大きく分けられます。


公立学校の教員になるには、都道府県が実施する採用試験があり、
私立学校の教員になるには、それぞれの学校が実施する採用試験を受ける必要があります。


教員になりたいと思ったら、各学校の採用についてよく調べてみましょう。





医療職



医師や歯科医師の他にも看護士、薬剤師、栄養士など多くの職種があり、
多くの専門家が公務員として活躍しています。


医療関係者が公務員になった場合、どのような仕事ができるのかご存知でしょうか?
例えば、薬剤師の公務員は次のような仕事の機会があります。


★公立病院の調剤業務
★保健所での勤務や食品衛生監視業務
★医薬品の現場への立ち入り調査や指導


同じ専門家でも公務員の資格を持つことで、仕事の幅を広げる機会があるのです。





研究職



研究職と聞くと、一般企業の研究者を思い浮かべるのではないでしょうか。
実は国や地方自治体が運営している次のような場所で働いている研究者も多いのです。


★厚生労働省
★農業や科学の技術研究所
★国立博物館




公務員にはさまざまな種類があることを理解いただけましたか?


公務員になることは安定した職を得るだけでなく、
あなたの仕事の可能性を広げてくれるかもしれません。


2015年9月8日

written

by kunkum


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop