現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月31日更新

お手軽、しかも自然!デカ目メイクのやり方

1046 views

 


デカ目メイクをするとケバケバしくなってしまいます。
どうしたら自然なデカ目ができるのでしょうか?(大学2回生・女性)



画像出典:http://www.cosme.net/product/product_id/351865/photos

ナチュラルなデカ目はまるで生まれつきかのような美しさです。
みなさんも憧れますよね?

そこで!今回はお手軽で自然にデカ目になれるメイクをご紹介していきます。

ポイントは
①縦幅ではなく横幅を広く見せること
②まっすぐ眉でデカ目強調
③涙袋をつくること
です。

まずはアイライナーを使ってやってみましょう。



目頭から描きはじめて、目尻よりもやや少し長く描きます。
下におろしていくとたれ目になりますが、ここでは横にスッと引きます。


画像出典:http://www.cosme.net/product/product_id/351865/photos

縦幅よりも横に広げて大きな目をめざしましょう。
「ナチュラル」というとブラウン系で統一したいところですが、
目の存在感を際立たせるにはやはり黒が良いでしょう。

黒のアイライナーを使ってアイラインをひいてみてください。
この時、ナチュラルに見せたい場合はまつ毛の隙間と隙間を
埋めるくらいの気持ちで、細く細く引いていきます。
細く描くことで描きました!感がなく、自然に目が大きく強調されてデカ目効果が発揮されます。

下まぶたにも同様に目尻から3分の一くらいの長さでアイライナーを入れてぼかします。
この時、絶対に目のまわりを囲まないでください。
目を囲んでしまうと窮屈で小さな目になってしまうので、気を付けて頂きたい点です。

 

アイシャドウはブラウン系がおすすめです。



少しずつとって薄くのばしていきます。
たくさんとって一度につけてしまうと取り返しができませんので、
とっては薄く、を繰り返して重ねていきます。
アイライナーを引いた上の部分からまぶたに向かって
グラデーションができるように意識しましょう。
今回はナチュラルがテーマなので、あまりつけすぎないようにも注意してください。

最後に瞳の上、まぶたの真ん中に一番明るいカラーをポンっとのせます。
これで目が立体的に見えます。

アイシャドウは筆にふくませたら必ず手の甲でなじませてからつけましょう。
明るいカラーをのせる場合はチップが簡単ですね。
そして下まぶたにも少しだけアイシャドウをつけます。
ほんのりと影をつくったら、明るい色のアイライナーで涙袋をつくります。
こちらもほんのりとつけましょう。

あまりパールが強すぎず、品のある色のライナーで下まぶたに描いていきます。
描いたら指で少しおさえましょう。
マスカラはお好みのものをお使いください。

 

ボリュームタイプがデカ目の場合は有効です。



マスカラをつけたら、つけまつげをつけましょう。
自然に見せるナチュラル系のつけまつげをつけていきます。

日ごろから美容液を塗ってまつ毛のお手入れをされている方も大勢いらっしゃいますね。
まつ毛は目を大きく見せるための大事な武器です。
有効活用しましょう。

眉毛はきちんとお手入れカットをしたら、直線的な眉を描きます。
やや目と並行のとれた角度でまっすぐに描きます。
太めが今は流行りなので、描いたらナチュラルにぼかさしていきましょう。
ナチュラルな眉はペンシルだと少し難しいので、パウダータイプがおすすめです。

最後に顔の余白を埋めます。
顔の余白が多いとそれだけ注目する点が分散されてしまいます。
目に注目していただきたいので、前髪をつくったり、サイドの髪を利用しましょう。
サイドの髪を内巻きにして余白を隠すのもありです。

 

カラコンなしでも十分デカ目はつくれます。
ぜひ試してみてください。


画像出典:http://www.photo-ac.com/

 

2014年10月31日

written

by alanwonder


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop