現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月8日更新

ノルマはあるの?銀行員の実情が知りたい!

2469 views

堅実なイメージがあるので銀行に就職したいんですが、ノルマとかあるのでしょうか?(大学4年生・女性)


銀行員

© 夢見る詩人

銀行ってどんなイメージがありますか?
ちょっと昔に流行った、銀行を舞台にしたドラマがありましたよね。
私も、あのドラマはかじりついて見ていました。
しかし、やはりドラマだけあってかなりドラマティックにデフォルメされている所があるのも事実です。
そこで、実際銀行とはどんな所なのか、その実情を簡単に繙いていきたいと思います。

ノルマはあるの?銀行員のお給料について。



銀行員は基本的にはノルマはありません…
というのは建前で、実はかなりシビアに数字を求められます。
銀行だけあって数字には細かいです。
目標という形で数字を与えられます。
その目標はあくまでも目標なので、達成しなくてもお給料がダイレクトに減ったりという事はありません。

銀行に働く人は大勢います。大勢いるので、
目標に向かってバリバリ頑張る人もいれば、そうでない人だって当然います。
目標が達成できないと、人事査定には大きく響きます。
人事査定とは、簡単にいえばその人の通知表みたいなものです。

銀行の年収は平均で609万円と言われています(出典 Business Media 誠 調査リポート )。
業種からいえば、金融業に入る銀行は他の業種に比べるとお給料が高いといえます。
しかし、高いのには理由があります。楽して稼ごうなんて仕事はなかなかありません。

一人が抱える仕事の種類が多い。



あの有名なドラマを思い出してみると、
主人公の男性はいろんな人の助けを借りながら、一つの事に集中して仕事をしていたように見えます。

実際の銀行員はたくさんの仕事を同時進行で進めています。
毎日しないといけないルーティンワークや本部への報告もの、もちろん重要な案件もたくさん抱えています。
一つの案件をあれだけ集中して取り組む事は、なかなか難しいと思います。

銀行員はたくさんの仕事を同時に抱えていますから、要領が良くないと仕事が回りません。

 

不定期に検査が入る。



銀行はお客様の大切な「お金」を預かる場所です。
よって、銀行内にはたくさんのお金が保管、管理されています。
でも、ごくまれにそのお金に手を出してしまう困った銀行員がいるのも事実です。

そこで、不正防止の観点から銀行が独自に検査するためだけの部署を作り、不定期に支店を回っています。
本当になんの前触れもなくやってくるのでびっくりします。
持ち物検査もあります。
正確に事務処理がされているか等、あらかじめ決まったたくさんの項目を検査して帰って行きます。
期間は1日で終わるものもあれば、じっくり1週間かかるものあります。

意外と土日出勤が多い



銀行と言えば、土日祝日が休日でしっかりお休みがとれるイメージではないのでしょうか?
でも、実際は土日も拘束される事が多々あります。
これは土日に仕事をする(実際している人もいるかもしれませんが…)という意味ではありません。

銀行はその特性上、地域密着を掲げている事が多くあります。
よって、お祭りや運動会、地域の清掃活動等、地域行事にかり出される事もしばしば。
まぁ。地域の方々との交流も大事な仕事の一つなのかもしれませんね。

銀行の実情、少しは伝わりましたか?
コレだけを見ると、なんだか怖くて難しそうなところだなぁと感じてしまうかもしれませんね。

でも、怖がる事はありません!
銀行で働いている人は向上心が高く、そんな人たちと一緒に成長していきたくなる環境です。

経済の流れの中で重要なポジションにある「銀行」。
その中の仕事はおおいにやりがいがあります!
ガッツのある銀行員になるために、就職活動がんばって下さいね!!

2014年10月8日

written

by hannnah


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop