現在17272個の困ったを解決できます!

2015月4月24日更新

メンズのファッションを格上げ!モテ度アップの小物使いテクニック

6924 views

自分のファッションコーディネートに自信がなく、いつも無難なアイテムばかりを選んでしまいます。こんな僕でも「ちょっとオシャレ」に見える小物づかいのテクニックが知りたいです!(大学2年生・男性)



私が男友達からよく受ける相談が


「オシャレって何をどうしたらいいのかわからない」


というもの。


確かに男性は女性ほど選べるファッションレパートリーが多くないし、


トレンド情報も掴みにくいですよね。


もちろん好みはあるでしょうが、


男性こそオシャレはあくまでスマートに!
力みすぎないよう小物でオリジナリティーや


トレンド感を演出するのがベスト。
女性から見て“頑張ってる”感じはナンセンスです。


そこで今回は、いつものコーディネートに取り入れやすい


小物アイテムをピックアップ!



 

※Photo by kargaltsev




帽子



ここ数年、女性の間でももはやマストアイテムになっているのが帽子。
しかし男性の中には、“食わず嫌い”ならぬ“かぶらず嫌い”で


自分には似合わないと思っている方も多いのでは?



UNIQLO WEBサイト


紳士的に見える中折れ帽。
シックなネイビー地にボルドーのリボンが効いてます。
トラッドスタイルが流行の今期にはピッタリ!
頭の形に合う合わないは多少ありますが、帽子はかぶり慣れることが一番!
視線が必然的に上に来るのでスラッとして見え、


小柄な男子には特にオススメです。




マフラー



これから必需品な巻き物。
小物選びには季節感を忘れてはいけません。
マフラーはユニセックスなアイテムなので色柄共に選び放題。



UNIQLO WEBサイト


中でもシンプルで細身なデザインなら、渋くて落ち着いた印象に。
ダークカラーを顔周りにもってくることで


表情もどこか大人っぽく凛々しく見えます。




ベルト



日々愛用している方もたくさんいらっしゃると思いますが


そこが思わぬ落とし穴!
毎日何気なくだからこそ、


気を抜いてボロボロなものを普通に使っていませんか?
女性は密かにそれを見て


あなたの性格なんかを分析していたりするんです…ふふふ(笑)



UNIQLO WEBサイト


今年流行のカモフラージュ柄。
アウターやパンツで見せるのも男らしくて素敵ですが、


小物でさりげなく取り入れるのもまたオシャレ。
挑戦しやすいアイテムはベーシックなものよりも、


せっかくなら一癖あるものを選ぶのがおすすめです。






こちらも意外と注目度の高いアイテム。


「オシャレは足元から」とはよく耳にするフレーズで、


その言葉通りトータルバランスを左右する“引き締め役”の存在です。


だからこそ素材や形など長く愛用できるものがおすすめ。


[クラークス] Clarks Desert Boot 00111443 Black Leather


レザーブーツは使えば使うほどに味わいが出る、


まさに大人のスタイリッシュ靴。


プレーンなデザインなら


きちんとしたスタイルにもカジュアルなスタイルにも相性良し。


もちろんお手入れは専用のクリームで手間をかけてあげましょう。




靴下



靴が見られるということは靴下もお忘れなく!


チラ見え中のチラ見えアイテムですが、


ここまで気配りが感じられたら大したもの。


帽子やベルトなど、


他の小物アイテムと色調を合わせることが


オシャレに見える秘訣です。


GRN トラッド ボーダー クォーター ソックス 


今年はパンツの丈も少し短めが出ているので、是非色柄ものをアクセントに。


普段無地やダークカラーが多い方も


ワンポイントコーディネートを楽しんでみて下さい。





 アクセサリー



こちらも好みはそれぞれでしょうが、やっぱり王道はシンプル。


この秋冬の時期につけるなら


冷たそうなシルバージュエリーではなく


ハンドメイド感のある素朴なものを。


ここでも素材は季節感を考えて合わせることが大切です。


CHAN LUU


L.A.発のジュエリーブランド「CHAN LUU」


今や色んなデザインが売られていますが、世界中で男女問わず大人気。


エスニックテイストに仕上げられたブレスレットは


程良く“抜け感”があり手元のオシャレ感が格段にアップ!


小物を上手に使えるメンズは女子のオシャレアンテナをキャッチ!


一目置かれる存在になれること間違いなしです!




=================


ライター:IZUMI YANAGIHARA(パーソナルスタイリスト)


文化服装学院スタイリスト科卒業。 レディースの洋服から小物まで、


インポートブランド一筋で接客業に携わる。


長い販売経験を経てファッションに悩む人達に


もっとパーソナルなスタイリングを提案をしたいと発起、


for*styleファッションビジネススクールにて


パーソナルスタイリスト久野梨沙に師事後、独立。


20代から60代まで幅広い年齢層の顧客を持つ“人好きのファッション好き”。


毎日が楽しくなる、オシャレに目覚める人が増えればと日々奮闘中。

2015年4月24日

written

by forstyle


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop