現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月15日更新

マンネリ化した彼氏とまたラブラブになれるデートでの会話術7選

1832 views

もう付き合い始めて1年くらい立つ彼氏がいるのですが、最近は当初のドキドキ感がなくなってきました。

昔のラブラブなころの感情を取り戻すためにできることってありますか?(大学4年・女性)


付き合い始めた頃は彼氏に対してドキドキして、
ちょっとしたことでも嬉しかったのに・・・
最近はデートもなぜか、ときめきが少なくなった・・・。これが世に言うマンネリ時期?
その原因、会話や声かけが上手くいっていないのでは?
今回は、普段のデートの中で実践できそうな会話テクニックをご紹介します。

手をつなぐ恋人

© beeboys

1.声を少し高くする



男性は女性の声に対し、高めの柔らかい声が魅力的に感じます。
よく、女性からはぶりっこと見られている同性が、男性受けがいいことがありますよね?
極端に高くする必要はありませんが、いつもより明るめの声で会話をすれば、
彼氏もいつもと違うあなたの魅力を感じるかもしれません。

2.笑顔で話す



人と話すとき、笑顔の人とそうでない人では、心地よさが違います。
それなのに長年付き合っていると、ついつい油断をして笑顔を消していませんか?
笑顔は他人だけでなく、自分の気持ちも変えてくれます。
また会話がない時でも、目が合った時に「ニコッ」と彼女が笑うだけでも、
男性は嬉しいものです。

3.常習化していることでも「ありがとう」



長年付き合っていると、当たり前になっていることってありませんか?
けれど付き合い始めのあなただったらどうだったでしょう。
ありがたいな、と思いませんでしたか?
荷物を持ってくれた、歩幅を合わせてくれた、予定を自分のために変更してくれた。
もし思い当たることがあったら、改めて感謝を伝えてみましょう。

4.悪いと思ったら茶化さずに「ごめんなさい」



寝坊して遅刻してしまった!
そんな時に電話やメールで「ごめーん!」なんて軽く謝られては、
待っていた方としては気分がよくありません。
例え優しく「大丈夫だよ」なんて言ってくれる彼氏でも、
悪いと思ったら真剣に「ごめんなさい」を伝えましょう。
恒例になっているやり取りでも、ちりも積もれば・・・。

5.彼をほめてみる



いつだって男は格好よく見られたい生き物。その相手が彼女だったら、なおさらです。
そんな彼氏に大して普段「かっこいいね」や「さすがだね」とほめることが少ないと、
彼氏は物足りなさを感じてしまうかもしれません。
無理にほめる必要はありませんが、彼氏のいいところをコンスタントにほめると、
彼氏もあなたに対し優しくしたいと思うかもしれません。

6.肯定的、イメージの良い言葉を使う



「美しい日本語」などが一時ブームになりましたが、
男性はいつの時代も女性にはキレイな言葉を使ってほしいと思っています。
「だって」「でもさ」「無理」「嫌い」・・・ネガティブな言葉ばかり使っていませんか?
「まじ」「うぜぇ」「むかつく」・・・イメージの悪い言葉を使っていませんか?
同じことを伝えようにも、相手が不快に思う言葉を使えば受け取り方は変わってきます。
今一度自分の言葉の品格を、見直してみてはいかがでしょうか。

7.自分の心を整える



会話とは相手とのコミュニケーションで一番感情を伝えやすいツールです。
メールや電話、LINEではうまくごまかせても、
実際に会って話せば伝えたくないことまで伝えてしまうことがあります。
もし自分の今の心が荒んで彼に当たり散らしてしまいそうなら、まずは自分の心を整えましょう。
大きく息を吸い込み、深呼吸。
そうすれば彼にも思いやりある会話を苦にせずすることができるでしょう。

最後に、「会話」というものは親しい人ほど乱雑、短縮化する傾向があります。
けれども、親しき仲にも礼儀あり。
常にラブラブを維持していきたいなら、彼氏とは「他人」であるという再認識をし、
「言わなくてもわかってもらえる」ではなく、
自分の意志をきちんと伝える話し方を身につけていきましょう。
それでは良いラブラブデートを♪

2014年10月15日

written

by inori


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop