現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月21日更新

【一人暮らし向け】カーディガン・ニットの洗濯の仕方まとめ

6216 views

ニットってどう洗ったらいいですか?(大学2年生・女性)


一人暮らしをしていて自分で洗濯をしている人でもニットの服は「縮みそう」と思って洗う事に躊躇してしまうかもしれません。かといって、このためだけにクリーニングを利用するのは勿体ないですし面倒ですね。ニット製品は自分で洗えないのでしょうか。

Wicker basket with clean fresh winter clothes

© oocoskun

そもそもニットって?



ニットとは、タテ糸とヨコ糸を交差させて織り上げた生地ではなく、柔らかくよった一本の糸でループを作りながら、ループの連鎖で編み上げたものの事を言います。編んで作るので、伸縮性があり通気性も良く、しわにもなりにくくて、立体的なものにフィットするので、着心地が良いと言うメリットがあります。縮みなどを防止するように加工されたニットもありますが、普通のニットは型崩れやほどけやすさのデメリットがあり注意が必要になります。素材は様々で、天然糸であるウールや綿、シルクや麻などの他に合繊のレーヨンやポリエステルなどもあります。

ニット製品で思い浮かぶのはセーターやカーディガン、マフラーや靴下などの暖かい物が多いと思いますが、意外にも水着やパンスト、肌着などもあります。

 

ニット製品を洗う手順としては以下のようになります。

1、表示を確認する



何で出来ているのか、何が禁止されているのかをチェックします。手洗いと書かれていたら、優しく手洗いするか洗濯機に手洗いコース、弱水流があれば利用する事が出来ます。

×印になっていて「水洗い不可」の製品でも

アクリル、ポリエステル、綿、麻の素材でビーズや刺繍が付いていないものであれば、洗い方に注意して洗う事が出来ます。

2、色落ちを確かめる



初めて洗う場合は色落ちしないか、念のために確かめる方が良いです。

目立たない部分にホームクリーニング用の洗剤を付け5分後に白い布を当てて押さえて確かめます。「洗濯機マーク」と「手洗いマーク」で色落ちした場合は他のものと分ければ手早く水で洗う事が出来ますが、「水洗い不可マーク」で色落ちするものは水洗いできません。

3、洗濯ネットに入れて洗う



引っかかって糸が出てしまったり、伸びたりしないように畳んで洗濯ネットに入れて洗うと良いです。

手洗いする場合もネットに入れると伸びを防ぐことが出来ます。手洗いの場合は表示されている数字以下の温度(30と書いてある場合は30℃以下)で洗剤を入れて優しく押し洗いをします。

 

4、水洗い不可のものは「つけこみ洗い」する



水洗い不可マークやドライマークのものは「つけこみ洗い」しましょう。

途中で押し洗いをしないように気を付けましょう。水分を含んでいる間に動かすと伸びるのであまり動かさないようにします。洗濯機を利用する場合は、必ずネットに入れて「ドライマーク専用」のコースで洗います。

 

5、形を整えて乾かす



脱水が終わったらすぐに取り出して編み目や形を整えます。平干しするようにして、重力で伸びないようにします。色落ちしやすいの直射日光を避けて陰干ししましょう。

失敗防ぐために



例えば天然のウールは冷たい水や40℃以上のお湯が苦手



縮んだりフェルトのように固まったり変質の原因になるので表示の温度以下にして、洗いからすすぎまでぬるま湯で洗いましょう。普通の洗濯用洗剤も強すぎるので、専用の中性洗剤を使いましょう。仕上げに柔軟剤を使うと静電気防止になります。

擦れると傷むので優しく手洗いする事が原則



袖や襟などの汚れやすい部分はつまみ洗いします。
洗濯機を使う場合は必ずネットに入れましょう。きちんと畳んで入れて、目の細かいフィットするネットを選びましょう。

裏返しでネットに入れた方がいいものも



フリースのように起毛が落ちやすかったりセーターのように毛玉が出来やすい物、ボタンやビーズなどの装飾が付いているものを洗う場合は裏返しにしてフィットするネットに入れると安心です。

 

2014年10月21日

written

by atu


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop