現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月17日更新

5つの地域別!フランスワインの特徴

1049 views

今度友達とフランス旅行に行くので、フランスワインについての知識を教えて下さい!(大学4年生・女性)


 

ワインの美味しさにハマった人は、


誰もが行きたくなるワインの原産国。


なんといっても現地のワインはとっても安いのです。


ヨーロッパならワイン1本が1〜2ユーロで買えてしまいます。


この価格なら、旅行にいって毎日ワインを飲み明かす、


なんてことも夢じゃない…!


ということで、今回はフランスワインの特徴をおさえておきましょう。



 フランスワインを飲むカップル

© Syda Productions - Fotolia.com




そもそもフランスワインとは…



日本では高級ワインの代名詞となっているフランスワイン。


現地の人にとっては、


「生活の一部として欠かせない」存在であるそうです。


そんなフランスワインですが、地域によっても特徴が変わってきます。



 

ボルドー地方



良く耳にするこのワイン、


フランス南西部に位置するボルドー地域は


フランスでも歴史が古く奥の深いワインが多いです。


広大な面積があり、気候や土壌も違うので


甘くまろやかな赤ワインから爽やかで辛口な白など、


多様なワインが味わえます。


中でも有名なのは赤ワイン。


まずはボルドーの赤ワインをチェックしてみましょう。




ブルゴーニュ地方 



次に良く知られているのは、


このブルゴーニュワインかもしれません。


最も有名なのは「ピノ・ノワール」という


ブドウから作られている赤ワインで、


1つの品種から作られるので、


その作り手の個性がそのまま映し出されると言われています。


官能的で一種のカカオを思わせる香りは、


心までいっぱいにしてくれるワインです。




シャンパーニュ地方 



この地方で作られるのは


誰もが知っている「シャンパン」がその代表格です。


シャンパンとは、シャンパーニュ地方で作られた


スパークリングワイン。


シャンパーニュと名乗るワインは、


発泡性のすっきりしたワインになります。 




ローヌ地方



フランス南部のローヌ川は有名ですが、


その沿岸で育てられたブドウ品種によるワインもまた別格です。


力強く個性的な味わいで有名なシラーやグルナッシュという品種が、


この地方のブドウです。


少し癖の強い赤ワインですが、ワイン好きには堪らない味わいです。





アルザス地方



この地方のワインといえば、白ワイン。


歴史的にも、フランスとドイツの間を行き来しているこの地方は、


ドイツ原産の白ブドウ品種によるワインが特に有名です。


とくにスッキリした飲み口の白ワインは飲み初めに最適です。 



 

 

以上のうちで、知っている地域はありましたか?


せっかくフランスへ行くなら、


ワイン畑を1度は見学してみると良いでしょう。


どこもとても田舎になりますが、


きっとあなたのワイン好きをもっと刺激してくれるに違いありません。


ワイン畑を巡る旅行プランもあるようなので、調べてみてくださいね。



 

くれぐれも飲み過ぎには注意です!



 

 

Muo

2015年3月17日

written

by muo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop