現在17274個の困ったを解決できます!

2016月12月25日更新

プロの技!マニキュアの綺麗で長持ちする塗り方5選

72684 views

マニキュアがどうしても上手に塗れません…特に濃い色のモノやラメだと色むらが出て汚くなります。
塗り方のコツを教えてください!(大学1年生・女性)

マニキュアを塗る女性の手



大学生になると化粧を始めて、おしゃれにも気を使いますよね。


その中でも、マニキュアは人気なおしゃれアイテムですよね。


可愛らしいデザインにして、お気に入りの服をきて出かけるとるんるん気分です。


ですが、マニキュアはお店でしてもらうとなかなか高くお値段が付きます。


そこで、自分でやってみる方が多くなってきました。




色々な種類のマニキュアやケア用品、シールやラメなどのネイルアートに必要なものも売られているので、自宅で自らマニキュアを塗っている人も多いと思います。




マニキュアは、ジェルネイルなどに比べると剥がれやすいですが、その反面、除光液ですぐに取る事が出来ますし、色を変えたりアートを施したりと、初心者でも使いやすいと言うメリットがあります。




マニキュアもコツをつかんで塗れば、自宅ネイルでも綺麗に長持ちさせることが出来ます。




長持ちさせることで、リムーバーを使う回数が減り爪への負担が少なくなると言うメリットもあります。




でも、そもそもマニキュアってまっすぐ綺麗に塗るのさえ難しいものですよね。




特にポップな色だと色むらが出てきて見た目が汚くなってしまいます。




今回は、そんな事態を防ぐ上手なマニキュアの塗り方のコツを集めました。


なかなか普段はうまくできずに悩んでいるというあなた!必見ですよ。




1・爪の表面の油分を除く


爪の表面には油分や汚れが付いています。


油分や汚れが付いたままマニキュアをすると、マニキュアがはがれやすくなります。


コットンや綿棒に専用のリムーバー(除光液)かエタノールを染み込ませて爪の表面を綺麗に拭きましょう。




特に、爪の先と根元はしっかりと拭きましょう。






2・ベースコートを塗る


ベースコートはマニキュアによる爪の変色を防ぐ効果があります。




その他に、爪の凹凸をなくしてマニキュアの持ちや発色を良くしたり、爪に栄養を与えて、爪の黄ばみを抑える効果もあります。




塗り方としてはまず、爪の厚みである爪先のエッジ部分を塗ります。


その次に表面を塗りますが、厚塗りになるとネイルカラーを塗った時にむらになりやすく乾きにくいので、


ボトルのふちでハケをしごいて量を調節しましょう。




ハケの片面にたまるくらいの量が適量です。


爪の生え際(甘皮部分)の少し手前から爪先に、すっと軽く動かすように塗ります。




左右を塗った際には、端まできっちり塗りましょう。






3・マニキュアを塗る


マニキュアもベースコートと一緒で、量が大切です。


マニキュアのボトルの口でハケをしごいて、厚塗りにならないように気を付けましょう。




甘皮から髪の毛一本ほどあけるように塗っていきます。


リラックスして力を抜き、爪先にすっとハケを動かしましょう。




最後に厚み部分のエッジも忘れずに塗りましょう。


マニキュアは爪の先や根元から剥がれてくるので、しっかり塗るようにすれば剥がれにくくなります。




少な目の量を取って、爪の裏側を塗るようにすれば表面が厚くなったりはみ出しません。




4・二度塗りする


マニキュアは、二度または色によっては三度塗りします。




重ねて塗る事で発色が良くなり、ボトルの色に近づきます。


乾きにくくなり、よれの原因にもなるので、一度で厚く塗らないようにし、必ず重ね塗りします。




一度で厚塗りするよりも、薄く重ねた方が乾きやすいです。




あくまで薄く、均等に塗ることを意識してやりましょう。







5・トップコートを塗る


トップコートはマニキュアをコーティングして傷つかないようにし、持ちが良くなる効果があります。ツヤも出て見た目も綺麗になります。




最近ではトレンドに合わせてマットなものから、ジェル風にできるものまで様々なトップコートが出ていますよね。




100均でも手に入れられるので、仕上げたいイメージに合わせて買うのがおすすめです。




エッジの部分も忘れずに塗りましょう。多めに塗る事がおすすめです。


2、3日に一度くらい、トップコートだけを上から塗っても良いでしょう。




1つ1つは難しい事ではなく、手順を守って丁寧に塗る事でマニキュアを長持ちさせることが出来ます。


それでも爪先は剥がれやすいので、剥がれた場合は「リペア」して持たせましょう。




剥がれた部分にだけ薄くマニキュアを塗り、ラメを塗ります。


爪の先は濃く、下に行くにつれて薄くなるように塗ると、塗り直した境目が紛れてアートを施したようにカモフラージュ出来て見た目も良いです。




ラメを塗ったあとにも、必ずトップコートを塗っておきましょう。






いかがでしたか?
意外と普段やっていないコツが隠れていたのではないでしょうか。


難しいことは少ないと思いますが、手順と丁寧さに気をつけてネイルをしていただければ、


必ず綺麗で長持ちするネイルを作ることができます!


自分でやるのが難しいので、あれば友達同士で練習してもいいかもしれませんね。


以上を参考に、かわいいネイルを楽しんでくださいね!

2016年12月25日

written

by atu


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop