現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月17日更新

「オペア」として海外ホームステイ&文化交流を体験する

572 views



夏休みに短期で留学に行ってから、アメリカで長期間暮らしてみたいという想いが強くなりました。ただ、お金の問題もあり、もう一度長期で留学にいくとなるとなかなか難しそうで…。何かいい方法はありませんか?(大学2年生・女性)






アメリカ人の子供


BigTallGuy


多くの人が一度は外国で暮らしてみたい、


英語を習いに外国に行きたい、


将来のために一度は外国での経験を積みたいなど、


漠然とでも海外に行きたいなぁと思っているのではないでしょうか。



 

ここでは外国に行く方法の一つとして、


私の体験したオペアという方法を紹介しましょう。


オペアはヨーロッパの国にもありますが、経験上アメリカ前提とします。 




オペアって何?



とはいっても、オペアって何?っていう人は多いと思います。


現在以前よりはだいぶ広まったとは思いますが、


まだまだ日本国内ではマイナーだと思います。


オペアとは簡単に言うと住み込みのベビーシッターです。



 

元々はフランス人がアメリカで勉強するために


住み込みでベビーシッターをしながらお小遣いを得、


生活し勉強していたのから派生しているようです。



 

オペアという言葉もフランス語です。


現在は勉強のためと言うよりは国際交流


文化交流のためという人が多いようです。


50か国もの国からオペアとしてアメリカに来ることが出来ます。




オペアになるために必要なこと



オペアになるための条件として挙げられることは、


・高校卒業後の18歳から26歳まで


・保育経験が200時間以上ある


・未婚で犯罪歴がない


・英語力が一定以上ある


・アメリカに1年間滞在することが出来る


上記となっています。



 

年齢に関しては27歳の誕生日までに渡米です。


英語能力に関しては一応ネット上でテストのようなものを受けますが、


ほとんどの人が可能です。


ビザは最短1年間のため、最後の項目がありますが、


1年後に延長することもでき、最長2年間です。




オペアとしての生活



さて、オペアとしての生活ですが、ファミリーによってかなり差があります。


子供たちの年齢、数、学校などの時間帯によって変わってきます。


私の場合は乳幼児だったので


日中子供たちと一緒で夕方からフリーでしたが、


友達は朝送りに行ってフリータイム、


昼過ぎに迎えに行ってその後の世話、など様々です。



 

生活や待遇もファミリーによって差があります。


私のホストファミリーはかなりいいファミリーでした。


もちろん多少の不満はありましたが、それは他人ですし、


国籍も違うのであたりまえでしょう。


他人と一緒に暮らすのに


全く不満がないということはあり得ないと思います。


友達がファミリーチェンジを繰り返す中、


私は2年間同じホストファミリーの家で過ごしました。



 

アメリカのオペアはエージェントに登録する必要があり、


エージェントが月に一度ミーティングを開いたりするので


同じ地域の他の国から来たオペアと知り合う機会はありましたし、


英語の学校ではオペア以外の外国から来た人たちと知り合うことが出来ました。





オペアのメリット



オペアとしてアメリカに住むメリットは何かというと、


まず他の方法に比べたらお金がかからないということ、


アメリカの家族の暮らしぶりが分かるということ、


同じ状況の人と知り合う機会があり友達ができやすいということでしょう。



 

友達はもちろん、留学や仕事で来ても作れることと思います。


しかし、アメリカの家族と生活することは


ほとんどないのではないでしょうか?


もちろん、家族によっては


元がアジア系であったりヨーロッパ系であったりするので


その家系によっても違ってきますがそれでも外国文化が学べます。


それはとても興味深いことだと思います。


今まで知らなかったイベントの意味を知る機会になったり、


思ってもみなかった発見もあります。


友達の家族との違いを話すのも楽しいと思います。



 

金銭面に関していえば多くの人が抱える問題と言えるのではないでしょうか?


ただ、オペアは基本的に育児をする時間が


週に45時間までは認められているため大学などへ通うのは難しいでしょう。


ただ、その前段階としての英語の語学学校程度であれば


ファミリーによっては可能かもしれません。



 

今、アメリカに行きたいと考えているのなら


オペアという方法があることも覚えていてください。


女性の需要の方が多いですが、


男性のオペアもいますので子供が好きであれば男性でもできますよ。

2014年6月17日

written

by


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop