現在17271個の困ったを解決できます!

2016月4月30日更新

全身写真でのコンプレックスよさらば!スタイル良く見せるポーズ7つ

22008 views

全身写真でスタイルが良く見えるポーズを教えてください!(大学3年生 女性)


みなさん、セルフィ(自撮り)を楽しんでいらっしゃいますか
顔を撮るのは得意になった・・・けれど、全身を写すとどうも格好が良くない!
そんなお悩みを抱える皆さんに、
今回は全身写真でスタイル良く見せるポーズを7つご紹介いたします。





1・足をクロスさせる




画像出典 ZOZOTOWN


モデルさんがよくやっていらっしゃるポーズです。まずこれが基本になります。
説明は不要かと思いますが、利き足を前に出して、足をクロスさせます。
両足をクロスさせることによって、足の長さを強調させることが出来ます。





2・S字立ち




画像出典 ZOZOTOWN


いきなり難易度が高めなのですが、これが一番スタイルをよく見せるポーズなのです。
よく、アニメや漫画のキャラクターや、フィギュアなどで、このように、
体をSの字にする(胸を出し、反対側に腰を出し、おなかを引っ込めて、さらに両足を開く、
もしくはクロスさせる)事によって、体のラインを美しく見せることが出来ます。


ただ、体が柔らかくないと少し難しいポーズかもしれません。
そして、あまりやりすぎると腰に負担をかけてしまうポーズなので、やりすぎにはご注意。





3・手を下腹の辺りで組む




画像出典 ZOZOTOWN


両サイドの手を真ん中に引き寄せることによって、全体をスリムに見せます。
また、女子の場合はちょっと顔をかしげたりしてみると、かわいさが増します。
足は、クロスさせて、利き足を前に出すといい感じです。





4・クールにサイファー目線




画像出典 Neverまとめ


男の特権!!これが決まれば、女の子も一瞬で落ちてしまいそうです。
有名ロックバンド"D'ERLANGER"のギタリスト、
瀧川一郎のことCipherさんがよくやっていらっしゃるポーズで、その名称がついたとか。


意外と、いろんな方々がやっていらっしゃいますが、
タイトルが「サイファー目線」なので、瀧川さんをお手本にご紹介します。
顎を少しあげて、見下ろす視線に少し首をかしげてみると、
あら不思議!何でこんなにかっこよくなるのでしょう(笑)


真正面を向いて、背筋はまっすぐ、手を腰に当ててみるのもいいですね。
似たような雰囲気だと、エミネムなんかもお手本になるんじゃないかなと思います。
とにかく、人を見下ろす感じがポイントです。





5・利き手をちょっと上げる




画像出典 ZOZOTOWN


上のポーズよりも、大分難易度が下がりました。
利き手を軽くあげて、手も軽く握ります。
角度は、自分がきれいに写る側に傾けるといいでしょう。


筆者は、右の角度のほうがより綺麗に写るので、
身体を左に傾けて、右からの視線で撮ることが多いです。
自分の綺麗に写る角度を研究してみましょう。





6・首元、胸元の裾を掴む




画像出典 ZOZOTOWN


これも、男の特権ですね。
首元、胸元の裾を優しく掴むだけで、全体のポーズが決まってしまいます。
足は女性と違って、少し開いて堂々としたほうがかっこよく見えますね。


空いている手は、ぶらっとさせるとその気だるい感じもまたポイントになります。
目線は外したほうが良く見えるかもしれません。






7・背もたれのある椅子を使う




画像出典 blogs.c.yimg.jp


これが一番手っ取り早いのかもしれません。(笑)
参考画像は、浅丘ルリ子さんと、少し年齢層が高めですが、
椅子を使えばどんなポーズも簡単に決まります。


背もたれの使い方と足の投げ出し具合によってどんな人でも
モデルさん並の綺麗さになってしまう不思議なポーズです。
一番簡単なのは、背もたれに肩肘を乗せて、どちらか一方の足を投げ出すだけ。
椅子があれば、是非ともやってみたいポーズです。


いかがでしたか?
男女混合で見ていきましたが、女がやってはだめ、男がやってはだめ、
という規律は特にないので、上記のポーズを参考に、
自分だけの素敵な一枚を決めてくださいね。

2016年4月30日

written

by riona


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop