現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月12日更新

留学・海外生活を充実させるために絶対すべき2つのこと

2027 views



海外生活に強い憧れがありますが、はっきりした理由があるわけではありません…。「なんとなく」だけで海外に行くのは無茶でしょうか。(大学1年生・女性)








 

大学生であれば、とにかく海外に行きたい!


日本を旅立ちたい!


という想いをお持ちの方も多いと思います。



 

今回は私の経験をもとに、


アメリカで充実した生活を送るにはどうすればいいのか、


ということについて書いていこうと思います。 




海外へ住む理由を決める



まず、充実した生活を送るために必要なのは


「アメリカに行こうと思った理由」です。


英語を勉強したい、海外の友達が欲しい、


アメリカの大学に行きたい。


日本は息苦しくてもう嫌、


という方もいるかもしれません。



 

もし、私のようにオペアという方法でアメリカに行った場合は


そこにはベビーシッターという仕事があり、


英語の学校があり、友達もできるでしょう。


アメリカにいる理由がそこにできます。



 

しかし、充実した生活を送るためには


プラス何らかの理由があったほうが絶対にいいです。


わざわざ日本を出て海外で暮らすからには


何らかの理由があるはずですし、


それは何でもいいと思います。



 

例えばものすごく個人的なことでも、


小さなことであっても、


何かしらの理由があれば


帰ったときにその理由(課題と言えるかもしれませんが)


達成できたのかどうか評価することが出来ます。



しかし、理由がなければ

何か嫌なことがあったときには


「どうしてアメリカにいるんだろう」と考えてしまうでしょう。


また、帰国した際に


自分の得たものの輪郭がぼやけた状態になってしまいます。 




違う文化を受け入れる姿勢をもつ




※Photo by Ian Alexander Norman



 

アメリカに住むということは、


全く違う文化の中で生活するということです。


きっと海外に興味を持っている人であれば


異文化にも興味を持っているでしょうし、


その中に入っていくことにも抵抗はないかもしれません。



 

しかし、実際に海外の生活をしてみるのとしないのとでは


大きく違います。


アメリカには、いいところも悪いところもあります。


びっくりするようなこともあるでしょう。


それらを見て、自分が「いいな」と思う文化に対しては


肯定的になれると思います。


ただ、自分が嫌だな、と思ったことに対して


日本と比べて否定するのはやめましょう。


そこは日本ではありません、当然違った文化があります。



 

もちろん、日本とアメリカの文化の違いを感じるのは大切ですし、


比較してもいいと思います。


でも、否定してしまうとそこで終わってしまいます。


もしかすると、その文化には私たちの知らない経緯があるかもしれません。


また、アメリカにはアメリカ人だけではなく


中国人やヨーロッパ人、中南米人も多くいます。


それらの人々の文化もまた違うでしょう。


そのような文化を受け入れて、


逆に日本の文化についても説明できるといいですね。





理由が見つからない?



もし、アメリカに行きたいけど


その思いは漠然としていて理由が見つからないという人は、
出来るだけ英語を勉強して


日本人ではない人と交流しましょう。



 

日本にいては出来ないことをやりたくて


アメリカに来たのだと思います。


もし、お金があるならば、


アメリカの中を旅行してもいいでしょう。


有名な都市も、国立公園もたくさんあります、


ディズニーランドや遊園地、動物園など


多くのテーマパークもあります。


美術館や博物館に行くのもいいかもしれません。



 

日本にいては体験できないこと、


例えばアメリカにしかないものを見る、食べる。


もしくは英語で人とコミュニケーションをとり、


日本にいては話すことのないだろう


アメリカ人や他の国の人と話して友達になる。



 

まずは、行きたかった海外に行き住んだということ、


見たことのない景色を見たこと、


以前よりも英語が話せるようになったということ、


外国に友達ができたこと、


今まで知らなかったことを知れたこと、


それらはあなたにとって心の財産となるのではないでしょうか?



 

少しは参考になったでしょうか?


アメリカでの生活をどのようなものにするかは


あなた自身にかかっています。


行くことを計画している人は、ぜひ充実した日々を送ってくださいね!

2014年6月12日

written

by


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop