現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月3日更新

実は起業を国がだいぶ支援してる件

188 views

起業を国がだいぶ支援してくれるって本当ですか?教えてください。
(大学3年生 男性)


国に支援される起業家たち

 

学生の方は、卒業後、企業に就職される方が多いかと思います。
しかし、学生の方の中には起業を志しておられる方もおられるのではないでしょうか。
今回はそんな方の頭の隅に置いておいて欲しい情報をお届けしたいと思います。

 

補助金と助成金



皆さんは「助成金」、「補助金」という制度を
お聞きになったことはあるでしょう。

大まかな定義を言えば、国や自治体が、
民間や自治体などに対して交付する金銭的な給付のことを指します。
これら制度には条件が設けられていることが常で、
明確な違いはありませんが、「助成金」や「補助金」など種類があります。

 

助成金とは?



中でも「助成金」は、国や自治体からの返済不要なお金を指し、融資とは違います。
受給した資金は、用途の制限こそあるものがありますが、そのまま企業の収益となります。

条件としては、「起業」、「独立」、「新しい事業の立ち上げ」
などが設けられていることが多いものです。

 

補助金とは?



対して「補助金」も、国や自治体などが民間、
公共団体などに交付するお金という点では同じです。

ただ、「助成金」に比して募集期間が短く、募集枠に制限があります。
したがって、申請しても取れる可能性が助成金に比べて低くなります。
条件としては、特定産業の育成や施策の奨励など、
直接ないしは、間接的に公益性があるかどうかというものが多くなります。

 

助成金の種類・特徴



「助成金」は、個々の「助成金」ごとに設けられた基準を満たせば、
原則として受給できるというものが多く、公募期間も限定されていません。

したがって、その「助成金」を管轄する省庁に申請すれば、
1年中利用可能です。
これは期間が設けられている「補助金」と大きく違う点です。

また、多くの「助成金」が、厚生労働省管轄であるため、
その条件に「創業・起業」・「雇用」・「採用」・
「労働環境整備」などが設けられていることが多くあります。

これにより、財源が雇用保険料となっており、そのため、企業が、
社会保険や雇用保険に適切に加入していないと、そもそも申請出来なかったり、

会社都合解雇を行うと、「助成金」の不支給や、
一定期間助成金をもらえなくなったりという場合もあります。
ただ、最大のメリットとして、使途は自由です。

 

補助金の種類・特徴



「補助金」の場合、公募となり、受付期間が決まっています。

したがって、期間を過ぎると応募不可となります。
また、原則として、予算が設けられており、
要件を満たしたものを対象に審査が行われます。

この審査を通過しなければ、受給できないという仕組みです。
管轄も「助成金」と違うことが多く、経済産業省や農林水産省、
中小企業庁などがそれにあたります。

使途は自由ですが、申請したビジネスプランなどの経費一切が
支給されるわけではありませんし、資金に上限が設けられていることが多くあります。

 

具体的には、厚生労働省、経済産業省、地方自治体などのWebサイトなどで情報公開されており、
窓口にて聞くことで、個々詳細な「助成金」・「補助金」について知らせてくれることでしょう。

2014年11月3日

written

by 煎茶濃いめ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop