現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月12日更新

不安になるだけではNG!就活直前の大学生が今こそするべきこと

2331 views

いよいよあと1週間で就活解禁目前ですね。なにかと慌ただしくなってきて、これからの不安がいっぱいです…。(大学3年生・男性)



12月1日就職活動解禁日



就職活動解禁日を目前にし、大学3年生の皆さんは、
ドキドキ、ワクワク、ソワソワ、いろいろな想いで
いらっしゃると思います。

各種求人サイト(リクナビ、マイナビなど)でも
様々な情報発信が既に行われており、
業界研究などのイベントが開催されたりと、
就活に備えるための情報がたくさん発信されています。

 

とはいえ求人サイトと向かい合っていても、
不安な気持ちがなくなるわけではありません。

就職活動を目前に控えた今だからこそ、
もう一度、自分自身と向かい合ってみてほしいと思います。

そもそも就職するのか?別の選択肢なのか。



なんとなく周囲の全体が「就職活動」に向かう中、
やりたいことや興味のあるものがよくわからないし、
「とりあえずしておいた方がよいだろう」と就職活動を
始められる方も多いと思います。
しかしもう1回、自分自身のキャリアを自分と向かい合って
考えてみてほしいと思います。

やりたいことがある人は、やりたいことに向かっていけばいいし、
行きたい会社や業界がある人は、チャレンジしてみればいいと思うし、
そういう方はどんどん思うように進めばいいと思っています。

 

ただ学生さんと日頃接していて多く聴くのが、
やりたいことがわからないので、何となく就活しているので、
志望動機やエントリーシートが書けないという話です。

よって今日は自分ではまだ漠然としている方向けに
自分自身との向かい合い方を少しだけお伝えしたいと思います。

自分を知る



何がやりたいのか?の前に大事なことは、
「あなたは何者なのか?」ということです。
面接では、あなたがどんな人なのかを徹底的に
掘り下げて質問をされます。

自己理解がとても大切です。

 

自己理解の方法はいくつかありますが、
1つご紹介します。

ライフチャート



自分の今までの人生を生まれたときから振り返り、

そのアップダウンを書きます。
どんなときに喜びや楽しみを感じ、
どんなときに悲しみや苦しさを感じるのかを
丁寧に振り返ります。

 

自分のモチベーションの源泉や、
どんなときにやりがいを感じるのか、
力を発揮できるときの条件や、
どんなときに悲しみを感じたり、
どんなことに壁を感じるのかなど、
自分自身の気持ちのアップダウンを見ていきます。

 

社会人の方にもライフチャートをやって頂きますが、
学生時代も社会人になってからも、
アップダウンするときのポイントが変わらない方が多いです。

よって自分自身のモチベーションを知る上で
とても有効だと思います。

夢を描く



自分自身が実現したい世界観を仕事だけに限らず、
絵に表現します。
これは実際に私が大学生、小中学生、社会人向けに
幅広く提供しているワークの1つですが、
将来の夢を職種で書かせず、絵で表現してもらいます。

詳細は以前のコラムをご参照下さい。

情報収集をする



そして会社説明会なども始まりますし、
自己理解の次は情報種集です。
情報収集の方法も昨今はたくさんあります。

 

説明会だけではなく、その企業の方が書かれているBlogや
経営者の方がどんな方なのかもFacebookなどで伺えたり、
著書なども多数出ています。

 

企業説明会以外での、就職イベントも
たくさん開催されていて、リアルな場で人事の方と
お話することができる機会があったりもします。

最近では起業支援やビジコン、地方への移住促進など、
就職という選択肢以外のイベントなどもありますので、
様々な視点から自分のキャリアを考えることも可能です。

 

SNSなどでもキャリア支援をされている方々が
たくさんの情報発信をしていますので、
ぜひキャッチアップしてみてください。

 

大学や企業側からの情報だけではなく、
客観的に企業を見ている就職支援の会社や
キャリアコンサルタントの方々などに相談されるのも
よいと思います。

 

今後のコラムで実際にキャリア支援をされている方や
場をご紹介していけたらと思います。


ぜひ自分らしいキャリア選択を!

 

※こちらも参考にして下さいね。
キャリアカウンセラー齋藤めぐみFacebookページ

2014年6月12日

written

by 齋藤めぐみ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop