現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月16日更新

冬のコーデはアウター選びが超重要!スタイルアップの3つのコツ

12636 views



アウターってつい、あったかさや機能性を重視してしまって、なんとなく自分のファッションに合ってないなって思うことが多いんです…。選び方のコツを教えてください!(大学3年生・女性)






日増しに北風が冷たくなり、


外出時には必需品になってきたコートやジャケットなどのアウター。


そこで皆さん「はおりものは外だけで着るものだから」


と気を抜いていませんか?



 

せっかくの可愛いワンピースやおニューのトップスも、


アウターとのバランスが悪くては全て台無し…


基本的なデザイン知識から、よりかっこよく、


さらにスタイルよく見えるお買い物術をお教えします!




サイズ



アウターだけでなく洋服を着る時には重要なポイントその一。


肩幅、腕回り、身幅、ウエスト回りなど


まずは自分の体つきに適したものを選びましょう。


ライダースジャケット 高品質PUレザー ジャケット 


特にロックスタイルに欠かせないライダースジャケット。


ピッタリとしたジャストサイズで着ると


一層クールに見えてスタイリッシュ。




着丈



身長やインナーによって肝心なのがアウターの着丈。


これが意外と難しいのですがポイントを抑えれば簡単!


オリジナルの方程式を参考にコーディネートをご紹介します。




ショート丈ジャケット→フレア、ロングスカート




広がりのあるデザインや長さのあるボトムスは


下半身に重心がくるため、


トップスをスッキリまとめることで脚長効果が期待できます。


その他にはブーツカットのパンツやボーイズデニムも相性抜群!




ロングカーディガン、ブルゾン→タイトスカート




今年流行のタイトスカートは裾が狭まったデザイン。


そのせいでお尻がやや大きく見えてしまいがちです。


そんな時はヒップが隠れるはおりものでカバー!




ロングコート→スキニーパンツ




今やデニムに似せたレギンスや


多種多様な柄と素材で


定番アイテムとなったスキニーパンツ。


お馴染みだからこそ今年っぽく合わせるなら


メンズライクなロングコートで。


アウターに存在感があるので下


からのぞく足がより細く長く見えますよ!





ディテール&シルエット



アウターの形によっても見え方は様々。


今期はビッグサイズのデザインが流行っていますが、


ただ大きければいいわけではないので要注意!


あまりにトレンド感が強すぎると翌年使えなくなってしまう可能性も。


部分的なデザインの効いたものなら来年以降への着回しも可能です!



ビッグ襟折り返しコート


こちらは襟にボリュームのあるコート。


今年らしさもある反面シルエットはスッキリとして見えます。


メリハリのあるデザインが大人っぽさを高めてくれますね。



 

オシャレはアウター選びも抜かりなく!


アイテム同士のバランス感覚をモノにして、


トータルコーディネートを楽しみましょう!



 
=================


ライター:IZUMI(パーソナルスタイリスト)


文化服装学院スタイリスト科卒業。
レディースの洋服から小物まで、インポートブランド一筋で接客業に携わる。
長い販売経験を経てファッションに悩む人達に


もっとパーソナルなスタイリングを提案をしたいと発起、


for*styleファッションビジネススクールにて


パーソナルスタイリスト久野梨沙に師事後、独立。


20代から60代まで幅広い年齢層の顧客を持つ“人好きのファッション好き”。
毎日が楽しくなる、オシャレに目覚める人が増えればと日々奮闘中。

2014年6月16日

written

by forstyle


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop