現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月8日更新

資格を勉強するならTAC?LEC?大原?大手3社徹底比較

8274 views

まだどれかは決めていないのですが、資格を取りたいと思っています。資格の学校といえばTACとかLECとか大原とかありますが、それぞれどんなカンジですか?(大学1年生・男性)


 

資格を取ろうと思うと、どこか学校に通った方が合格率も高いかな…と思う人も多いのではないでしょうか。

まだ、受ける資格は決めていないということなので、

「大手3社」といわれるTAC・LEC・大原を徹底比較してみます。

本を読む人

© beeboys

 

(1)TACは「資格教育ではNo.1かNo.2を狙う」



TACのホームページに掲載されている会社案内には

『その資格教育ではNo.1かNo.2を狙うことを基本戦略としています。』と書かれています。

事実、各資格講座で使用されるテキストや演習用の問題などは法改正などに限らず、

毎年何かしらの改訂がされるなど、合格率を少しでも上げようとする姿勢が見えるほか、

受講生へのアンケートで書かれたアイデアを参考に翌年度のカリキュラムが組まれることもあります。

また、TACの受講生で優秀な成績をもって資格取得できた「卒業生」から

講師に向いていそうな人物を選抜して

講師予備軍を採用するなどの活動も積極的に行っていて「受講生目線」も大切にしています。

(2)LECの強みは法律・会計系



資格の総合スクールLECは公認会計士や司法試験に合格した創立者などが中心となり

司法試験の受験指導機関として出来たという由来もあり、

司法試験や会計士試験を始め、税理士、弁理士といった法律・会計系の資格に強みをもちます。

(3)大原の強みは独自の教育システム



資格の大原は学校経営もしているという背景から培った独自の

教育システム「大原方式」と呼ばれる5つの項目を柱に、合格率向上に向けての策を講じています。

また、就職にかかわりそうな資格(簿記・税理士・公務員等)について、

合格を目指して大原に通う人が特に目立っています。

(4)自習室的には?



TACと大原は、各学校の受講生であれば無料で利用することができますが、

LECの場合には一部有料利用となる事もあります。

(5)駅からの近さ



3社とも駅からのアクセスがよい所に校舎があります。

(6)受講料は?



3社とも大きな差はありませんが、若干TACが安いケースが多いようです。

(7)通信講座の場合の質問方法は?



TACは質問カードと「i-support」(インターネット)で行っています。

講座にもよりますが、「i-support」(インターネット)経由での質問が若干多くなっているようです。

大原でも電話やe-mailをつかった質問を受け付けています。

LECにも質問カード制度がありますが、規定数を超える場合には有料となります。

また、予め予約は必要ですが、LECの専任講師やスタッフに電話で直接質問することができる

「テレホンチューター制度」というものがあります。

以上、資格の学校で「大手3社」といわれるTAC・LEC・大原を徹底比較してみました。

いずれにしても、まずは受けたい資格を決めてみてください。

その上で、これら3社に対象講座の資料請求をしたり、実際に校舎に行って質問したりするなど、

客観的に評価してみてはいかがでしょうか。

また、これら3社では授業を体験することができる「体験入学」の機会がある場合もあります。

資料だけで比較するのではなく、出来る限り自分の目で見て、どこの学校に通うか決めて下さいね。

2014年10月8日

written

by hiroka


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop