学生生活の「困った」を解決するウェブマガジン

海外・留学

180 views

Medium opera 20house 2001

誰でも絶対楽しめる!初めてのオーストラリア観光におすすめのスポット10選

今度、初めてオーストラリアへ旅行に行こうと思っています。おすすめの観光スポットを教えて下さい!(大学3年生・女性)



巨大な島国、オーストラリア。


歴史や文化が満載で、お買い物やナイトライフも楽しめ、ビーチリゾートなどの自然もある一大観光国なんです。


そこで今回は、行けば誰でも楽しめるオススメのオーストラリア観光スポットをご紹介します!











オペラ・ハウス




画像出典:オーストラリア写真館


コンサート・ホールやオペラ・シアターなど、5つのホールをもつ複合施設のオペラハウス。


高度な建築技術を誇り、2007年にはユネスコ世界文化遺産にも登録されました。


外からでは分からない内部の様子を見学できる日本語ガイドツアーに参加して、建築美を存分に楽しんで。











ハーバー・ブリッジ




画像出典:無料壁紙サイト


4本の塔をもつアーチ状の橋で、その姿から「古い洋服掛け」とも呼ばれているハーバー・ブリッジ。


橋上のどこからでもシドニー湾の絶景を楽しめますが、せっかくなら展望台になっている南東の塔の屋上を目指しましょう。


階段を登りきった後は、息をのむほどの絶景が!







スター・シティ・カジノ




画像出典:カジノパレード!


広大な敷地内には、合計200台のゲーム・テーブル、無数のポーカー・マシンの他、高級ホテルやシアター、レストラン、ナイトクラブがあります。


カウンターでパスポートと航空券を提示して、海外の旅行者であることを証明すれば、セレブなVIPルームに入ることが出来るので、ぜひチャレンジしてみて!







シドニー・ワイルドライフ・ワールド




画像出典:シドニー 現地オプショナルツアー


2006年にオープンした動物園。


自然に近い生態系を再現した環境で、オーストラリア固有の動物が130種6000匹が飼育されています。


コアラたちと記念撮影も可能なので、記念にぜひ!






パディントン




画像出典:地球の歩き方


テラスハウスと呼ばれる低層の集合住宅と、美しいアイアンレースの街並みで知られるパディントン。


メインストリートのオックスフォード通り沿いには、ショップが立ち並び、小粋なカフェも多いんです。


シドニーのトレンドに囲まれ、ショッピングを楽しんで!






ボンダイ・ビーチ




画像出典:Magosido.com


「ボンダイ」とは、オーストラリアの先住民であるアボリジニの言葉で「岩に砕ける波」の意味。


外洋から高い波が打ち寄せることから、サーファーに絶大な支持を得ているビーチなんです。


美しい景色を望む遊歩道を散歩したり、海に面したレストランで食事をしたりして、ビーチを満喫して!






ハンター・ヴァレー




画像出典:WINE AUSTRALIA


ハンター・ヴァレーはオーストラリアで最初にワイン生産が始まった場所。


ブドウ畑が広がる丘に130軒以上のワイナリーが点在し、ワイナリーでは試飲や購入も可能です。


お気に入りのワインを探しにぜひ足を運んでみて。







ブルー・マウンテンズ




画像出典: ワーキングホリデーと留学まるかじり in オーストラリア -


ユーカリの林に包まれたブルー・マウンテンズは古くから親しまれている高原の避暑地。


ユーカリから揮発する油分が太陽光を浴びて山々が青く霞むことから、この名前で呼ばれるようになりました。


谷底へ行く、世界一の急勾配とされるトロッコ列車は、ジェットコースターさながらの迫力ですよ!








フィリップ島




画像出典:JTB AUSTRALIA


オーストラリアで有数のペンギン保護繁殖地であるフィリップ島。


島の南西端にあるペンギン保護地区では、南半球だけに生息するフェアリー・ペンギンを間近に見ることが出来ます。


ペンギンが巣に戻って来る様子は、とっても可愛いので必見!







グレート・オーシャン・ロード




画像出典:シドニー観光旅行ガイド シドニーナビ


世界で最も美しいと称される海岸道路が、グレート・オーシャン・ロード。


切り立った断崖と奇岩群が織り成す美しい光景を楽しむことが出来ます。


ポート・キャンベル国立公園にたたずむ「12使徒」と呼ばれる奇岩が海岸線のハイライト!



いかがでしたか?


どれもとっても楽しそうですよね。


オーストラリアへ行く予定のある方は、ぜひ旅のプランに取り入れてみて下さいね。

Written by しぇりー

関連記事

おすすめ記事