現在17272個の困ったを解決できます!

2015月10月15日更新

絶対食べたい!広島県人が愛してやまないご当地グルメ7選

560 views

今度広島に行くのですが、
広島県民の方たちもよく食べるようなご当地グルメがあれば教えてください。(大学3年生・女性)
ご当地グルメとはいうものの、実際に地元の人も食べているものはどれだけあるのでしょうか。
せっかくなら、地元県人にも愛されているご当地グルメを食べたいですよね。


ここでは、広島県人が愛してやまないご当地グルメを7つご紹介します。







1.お好み焼き




画像出典:食べログ


広島のご当地グルメといえば、外せないのがやっぱりお好み焼き。
中華そばやキャベツなど、複数の具材をミルフィーユのように重ねて焼くのが、
すべて混ぜて焼く関西風との一番の違い。


また、やや甘めで、お好み焼きにしっかり絡むとろみを特徴とするソースも、
関西風にはない味を演出しています。







2.広島ラーメン




画像出典:食べログ


広島市を中心として、広島県西部に散見される醤油とんこつ味のラーメン・広島ラーメン。
豚骨ベースに醤油、野菜の旨味と甘味がたっぷりと溶かし込まれたスープが基本です。


広島ラーメンを提供するお店は数あれど、特に「陽気」というお店は、
知らない広島県人はいないほど有名なんだとか。







3.汁なし担担麺




画像出典:食べログ


2001年に汁なし担担麺専門店の「きさく」が開店し、
本場・四川省でしか味わえない山椒の刺激的な味を広めたのが始まりと言われています。


食べる前に、タレがなくなって麺にしっかり絡むまでよく混ぜるのがポイント。
中国山椒の香りと辛みは、食べればクセになること間違いなしです。







4.つけ麺




画像出典:冷めん家


汁なし担担麺とともに、広島を代表する二大名物麺として有名なつけ麺。
たっぷりのゴマとラー油が入ったタレは、じんわり汗が出るほどの辛さと旨味をあわせもち、
回を重ねるごとにやみつきになる人が多いそうです。


茹でキャベツなどの野菜類の甘さと食感で、箸休めをしながらいただきます。







5.うどん




画像出典:うどんと和菓子のちから


広島県内に30店舗以上もあるチェーン店・「ちから」のうどん。
広島県人の生活に密着しているという点では、立派なご当地グルメといえます。


ほんのり甘めの関西だしに、柔らかめの麺を特徴とし、
もう一つの看板メニュー・おはぎとなぜかよく合うんです。







6.牡蠣




画像出典:ぐるたび


生産量日本一にして全国生産量の約6割を占める、広島が誇る二枚貝・牡蠣。
旬の時期は年明けの1~2月ですが、近年では夏に水揚げする夏牡蠣なども登場し、
年間を通して広島県人に親しまれています。


「海のミルク」と呼ばれるほど様々な栄養素を多量に含んでいて、
調理方法についても、揚げ物にしたり網焼きにしたりと様々な楽しみ方があります。








7.あなごめし




画像出典:あなごめし うえの


あなごの蒲焼きを、あなごだしで炊いたご飯の上に盛りつけた宮島のご当地グルメ。
約100年前に駅前の「うえの」が宮島駅の駅弁として販売したことが始まりと言われています。


遠浅の広島湾では、あなごのエサとなる小魚が豊富にとれるため、
広島のあなごは特に脂ののりが抜群なんです。




いかがでしたか?


有名なものからあまり知られていない意外なものまで、様々な広島のご当地グルメをご紹介しました。
広島を訪れる際には、有名なものだけでなく、マイナーなものもぜひ食べてみてくださいね。


2015年10月15日

written

by ひろまさ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop