現在17274個の困ったを解決できます!

2016月12月25日更新

彼氏のことが好きなはずなのに、、、ついつい浮気してしまう女性心理の秘密6選

52428 views

彼女の浮気が発覚しました。別れ話をすると彼女は「好きだから別れたくない」と言います。
好きなのに浮気をすることなんてあるんでしょうか?(大学3回生・男性)


彼氏が好きだけど浮気をする女性

彼女と付き合ってとっても楽しいですし、幸せだった。


でも、彼女は自分のことをとっても好いているが、浮気をしているのを友達から聞かされてしまってなにが本当かわからない、、、




なんてことありませんか?



彼女に浮気された事がある人はいますか?浮気の予兆はありましたか?
なかには、こんな風に付き合いも良好で、何も問題がなかったはずなのに浮気された・・・なんて人もいるのでは。

男性の視点からすると本当にこの心理はなぞで理解に苦しみますよね。


好きな人がそばにいるのになぜそんな行動をしてしまうのか。


そんな男性必見です。


ここでは彼氏との仲も良好なのに、浮気してしまう女性の心理を解き明かしたいと思います!






モテモテ女子で誘惑が多い彼女


生粋のモテ女子で浮気の概念が低く、バレても反省なし。でも彼氏がすると激怒!

この手の彼女はモテる事が当たり前です。

なので『浮気』の概念が低い可能性があります。
手を繋いだくらい~、2人で遊ぶくらい~、キスくらい~
彼氏に指摘されて「えっ、そんなに悪いコトした?」となるのです。
なのであまり反省をしません。

ですが、彼氏に浮気されると、彼女自身の「私が一番!」という自尊心が傷付けられるので、

許してはくれないでしょう。

自分のことを大切に思ってくれるので、あればそういう行動は嫌だとはっきり言いましょう。




非モテだったのにモテキが来た彼女


非モテ女子がモテると『二人を惑わすイケナイ私』に酔いしれる。

筆者的に、これが一番タチが悪いです。

男の扱いに慣れていないのに、急にモテると調子に乗ります。


彼氏が大好きで、彼氏以外見ていなかったはずなのに、
突然別の男性からアプローチがあると簡単に心がぐらつきます。
『彼氏と浮気相手から愛されている自分』に酔いしれて二人に良い顔をするのです。
心の中は優越感でいっぱいです。
『悪い事をしている罪悪感』よりは
『二人を惑わすイケナイ私』というシチュエーションを楽しんでいるでしょう。


ですが浮気がバレてしまうと、途端に捨てられる危機に怯えます。
泣いて縋ってくる、もしくは、浮気相手と上手くいきそうなら強気で乗り換える事も。
このタイプの女性は気分は小悪魔なのです。






心は彼氏、体は・・・な彼女


彼氏が大好きでも、求められると体を許してしまう浮気体質。反省しても繰り返す。

この彼女は、心から彼氏を愛しています。彼氏と別れる事はまったく考えていません。

ですが一人になると寂しくて、言い寄る男を拒否出来ません。
男から見ると、魅力的な女性が多いです(性的な意味で)。


彼氏とは結婚したいけど、私を必要としてくれる人が沢山いるのは嬉しい。
女性として認められている気分になる。こういった理由で、簡単に浮気をします。
このタイプは悪い事をしているという事は気付いています。
でも、止められないのです。


でも浮気がバレると、一番別れを拒否する傾向があります。
心は彼氏ですから、好きな人と別れるのは辛いですし、
一人になる事を苦痛に感じるタイプなので、彼氏に依存します。
元々『悪い事をしている』自覚があるので、バレると猛省の態度で接します。


なのでウッカリ許してしまう彼氏もいますが、
この手の彼女は、ほとぼりが冷めるとまた浮気する可能性も。







大勢の選択肢の中から結婚相手を探したい彼女


浮気ではなく、皆がボーイフレンド!レベルの高い男性を求める魔性の女!

このタイプの彼女は上昇志向が高いです。

出来るだけレベルの高い男性と結婚しようと、自分から大勢の男性に接触します。


この場合、誰が彼氏で誰が浮気相手、という枠がありません。皆がボーイフレンドなのです。


彼女は男性をその気にさせる事が得意なので、彼女に尽くしてしまう男性も多いですが、
彼女の中のランキング圏外に入ってしまうと「私たち付き合っていないよ」と簡単に切り捨てられます。
他にも付き合っている人がいると「浮気だ!」と責めてしまいそうですが、彼女には響かないでしょう。



いかがでしょうか?


彼女に浮気された事がある人も、今「浮気しているんじゃないか」と疑っている人も、
恋愛する事を恐れないで下さい。

上記で書いたタイプでも、浮気する人はする、しない人はしないのです。

良い勉強が出来たと思いましょう。
辛い思いをしたのだから、次こそは素敵な恋愛をして下さいね。

2016年12月25日

written

by もこ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop