現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月13日更新

【一人暮らし】洋服をたくさん収納するための5つのコツ

10415 views

洋服をたくさん収納するコツを教えてください!(大学2年生 女性)


服をたくさん買ってお洒落を楽しみたい、でも部屋に収納スペースがない…
そんな悩みを抱えたファッション好きの大学生は多いはず。

そこで今回は、洋服をたくさん収納するためのコツを5つご紹介します。

 

 

1.縦にしまう





画像出典:http://www.irisplaza.co.jp/Index.asp?KB=SHOSAI&SID=K538761F

服をしまうとき、皆さんはどのように服を並べてしまっていますか?
たたんだ服を上に積み重ねていくと、どうしても衣装ケースや
引出しに余りスペースや隙間ができてしまいがちです。

さらに、着たい服をさがすたびに積み重ねた服をどかしたり、
めくったりすることでどんどん綺麗に並べたものが崩れていくことに…。

そこで、衣類は縦に収納していくと便利です。
無駄なスペースを作らずに収納できるだけでなく、本棚の背表紙を見るように、
一目でどこにどの服があるかを知ることができるというメリットもあります。

 

2. シーズンオフの衣類は圧縮





画像出典:http://www.scroll-shop.com/product/PD34796/

シーズンオフの洋服、そのまま衣装ケースにしまっていませんか?
しばらく着ない服は圧縮するとスッキリ収納できます。
掃除機があればすぐに圧縮できるので便利です(手で圧縮する掃除機いらずタイプのものもあります)。
しわになりやすい服だと圧縮袋から出したあとにアイロンがけをする必要があるので、
しわになりにくい素材の服に限定して圧縮すると良いでしょう。

 

3.仕切りつきケースで小物をスッキリ収納





画像出典:Amazon

下着、靴下、ストッキング、ネクタイなどなど、小さなものは意外とかさばるものです。
そこで仕切りのついたケースを使うと、無駄なくスッキリ収納できます。
靴下やネクタイはくるくる丸めて1足ずつしまっていくと、使うときもどこになにがあるか一目でわかるのでおすすめです。

 

4.スリムハンガーでかしこく収納





画像出典:Amazon

最近「滑らないハンガー」や「薄型ハンガー」など、
薄くてスリムなハンガーが多く売られているのを目にします。

スリムハンガーは従来のハンガーよりも幅が薄いため、
スペースをとらずにたくさんの衣類をかけることができます。

マワ社の「人体ハンガー」がスリムハンガーで最も有名なブランド。
お値段も比較的安価なので、ぜひ1セットもっておきたいですね。

 

5.ラックで収納場所を増やす





画像出典:Amazon

クローゼットのバーなどに取り付けるつりさげ式の衣類ラック。
シャツのように毎日必ず着るものや、バッグ・帽子など毎日つかうものをしまっておくのに便利です。

このラックのいいところは、使わないときは折りたたんでしまうことができる、というところ。
また、マジックテープなどで取り付けることができるので、つりさげる場所さえあればどこでも設置できます。

いかがでしたか?
収納はとにかく省スペースで、どこに何があるか分かりやすいのが理想です。
今回ご紹介した5つのコツをぜひ実践してみてください。

2014年10月13日

written

by なみだ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop