現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月10日更新

友達との自撮り写真を上手に撮る5つのテクニック

16110 views

友達との自撮り写真を上手に撮るコツがあれば教えてください!(大学2年生・女性)


友達と自撮りをする時、なかなか思うようないいうつりの写真がなくて
困ったことはありませんか?

友達はとっても綺麗に写っているのに、自分はなんだか表情がイマイチとか、
目をつぶっちゃっているとか、肌がくすんで見えるとか…

さらに、誰かの顔が切れて映ってたとか、
構図がうまくいかずパッとしない写真だったとか。。。
満足できなかったことがある人も多いはずです。
どうしたら友達との自撮り写真を上手に撮ることができるのか、
すぐに使える技を教えちゃいます!

 

1.自撮り棒を使ってみよう!



「自撮り棒」を知っていますか?
その流行は韓国から始まったと言われている、まさに自撮りのための道具です。
長い棒の先にスマホを取りつけ、遠い位置にあるカメラのシャッターを
棒の手元にあるボタンを押して写すことができるという道具です。

自撮り棒

画像出典

自撮り棒だと何がいいかというと、
手を伸ばしてカメラを構えると、全員入らなかったり、姿勢が悪いので変な表情になったり、
上手に撮れない自撮り写真も、無理のない姿勢で撮ることができることです。
インカメラにして、自撮り棒が写りこまないようにだけ気を付けつつ、
自撮り棒に付いているシャッターボタンで撮れば簡単にベストショットが撮れます!

 

2.明るいところで撮ろう!



とにかく光がたくさんある明るいところで撮ってみましょう!
光があるところなら、肌を明るく見せてくれるだけでなく、表情も明るく写ります。

例えば、洗面所のように顔の周りを明るく照らしてくれる場所は最適です!
白い服や帽子などを身につけて撮るのも光を反射してくれるので効果的です。

 

3.斜め上のベスト角度を探そう



斜め上から撮ると、目を大きく見せてくれ、小顔効果もあります。
と言っても、あまり高くから撮ると怒っているような表情になるので、
何度も撮って、自分の顔が一番綺麗に写る角度を見つけましょう。

カメラの向きも、目を強調させて可愛く撮りたいなら、上から。
切れ長に見せたいなら斜めから。
二重の幅を広く見せたいなら下から撮ってみましょう。

 

4.ポーズを工夫して小顔に見せよう!



顔周りの手の位置を工夫してポーズを撮ってみましょう。
頬杖をついてみたり、顔の一部を隠してみるのも定番ですね。

口元に指を当ててみたり、ネコの手のポーズをするなど、
いろんな人の自撮り写真を見て、ポーズの研究をしておくといいでしょう!
普段何気なく見ている芸能人や有名人のブログ写真やインスタグラムも参考になります。
友達と写真を撮る時にすぐポーズが撮れるように、いろんなバリエーションを持っておきたいですね!

 

5.とにかくたくさん撮ってみよう!



あとは「奇跡の一枚」を目指して、とにかくたくさん撮ってみることです。
プロだって、何十枚、何百枚も撮った中からいい1ショットを選ぶのです。
たくさん撮っているうちに、カメラのクセも分かってくるし、いい角度も分かってくるでしょう。

 

いかがでしたか?
素敵な自撮り写真を撮るには、自分の顔が一番魅力的に見える向きや表情を知ることからです。
テクニックを駆使して、満足のいく一枚を映してくださいね!

 

2014年11月10日

written

by ike


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop