現在17271個の困ったを解決できます!

2015月6月24日更新

簡単だけど効果的なインフルエンザの予防法

150 views

そろそろ冬が近づいてきましたが、インフルエンザ対策でできることを教えてくれませんか?
就活などあって風邪を引きたくありません(大学3年・男性)

 


注射を打つ少女

日本では12月~3月に流行する、インフルエンザの「簡単だけど効果的な」予防方法についてまとめました。

皆さんも以下の項目に気をつけて、インフルエンザにかからないように気をつけて下さい。

 

外出後の手洗い・うがい



基本的なことですが、家に帰ったらまず手洗い・うがいをすることを心がけて下さい。

石けん・ハンドソープによる手洗いは、手についたインフルエンザウィルスを除去するために有効な手段です。

インフルエンザウィルスはアルコール消毒も効果的ですので合わせて行うと良いでしょう。

(最近では、食品関係の店舗の入り口などに多く設置されていますね)

また、うがいは口の中をブクブクとゆすいでからガラガラとうがいをするのが効果的のようです。

そのままガラガラとうがいをするだけでは、口内に付着したインフルエンザウィルスを除去できないためです。

口内のウィルスを流してから、うがいするようにすると良いでしょう。

 

適度な湿度の保持



空気が乾燥すると気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。

また、湿度が50-60%程度になると、ウィルスの不活性率が高まると考えられている(厚生労働省)ようです。

加湿器などを使って、適度な湿度(50-60%)に保つようにすると良いでしょう。

 

十分な休養とバランスの取れた栄養摂取



当たり前のことですが、休養が取れていて、栄養がとれている事で、人は健康を保つことができます。

バランスのとれた食事を心がけ、十分な睡眠(6-8時間程度でしょうか)を取る事がインフルエンザ予防に繋がります。

咳やくしゃみの対策(マスク等)



マスクをする女性

インフルエンザの主な感染経路は、咳やくしゃみの際に口から発生する小さな水滴(飛沫)による飛沫感染です。

この飛沫感染を防ぐことで、インフルエンザに感染する機会は大きく減少します。

しかし、一日の中で、学校や会社で人と話す機会は多いと思います。

学校では友人とおしゃべりして笑い合ったりしますし、会社では会議などで色々な人と議論する必要があると思います。

そのような日常生活において、飛沫感染を防ぐことは難しいです。

インフルエンザの予防策としては、特に咳やくしゃみをする人が周囲にいる場合はマスクをすることをおすすめします。

自分が咳やくしゃみをする場合でも、マスクをした方が良いと思います。

エチケットとして、会社や教室にインフルエンザウィルスをまき散らすことを防ぎましょう。

 

人混みや繁華街への外出を控える



インフルエンザが流行してきたら、高齢者の方、妊婦の方、体調の優れない方は、人混みや繁華街への外出を控えましょう。

やむをえず外出して人混みに入る可能性がある場合には、ある程度の飛沫等を防ぐことができるマスク等を着用することが一つの防御策と考えられます。

しかし、人混みに入る時間は短くすると良いでしょう。

また、高齢者の方は病院に行かれる機会が多いと思いますが、インフルエンザが流行し始めると、病院にインフルエンザ感染者が来て、病原菌をまき散らすことも考えられますので、十分に注意して下さい。

 

以上、簡単だけど効果的なインフルエンザ予防法についてまとめました。

ワクチン投与等、薬物による予防に頼る前に、日頃から色々とできることがあると思います。

今回紹介した点に気をつけて、インフルエンザにかからないように注意してください。

2015年6月24日

written

by tk-rion


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop