現在17272個の困ったを解決できます!

2016月1月4日更新

これだけはダメ!女性が「デリカシーがない」と感じる男性の言動5選

49967 views

少し前に彼女から「あなたってデリカシーがないよね」と言われたのですが、どこに原因があるのかわかりません。一般的なデリカシーの無い言動とは何ですか?(大学2年生・男性)


注がれるビールの画像画像出典:http://www.pakutaso.com/20110428117post-42.html


あなたはデリカシーありますか?

一緒に行動していて思わず女性が男性に対して
「ありえない!デリカシーがなさすぎる!」と思ってしまう事があります。
そう思ってしまうと二度と一緒に行動するのが嫌だとまで思われてしまう場合もあります。

そんな風にはなりたくないですね・・・
もしかすると、知らず知らずのうちにあなたもデリカシーのない言動や近い言動をしてしまっているかもしれません。



今回はそういう言動を5つご紹介します。
ふだん気にしないでやってしまっていることありませんか?


少し、過去の自分の行いを振り返りながら見てみましょう。







1.同性ではOKでも



おなら、ゲップ、堂々と鼻をほじる、爪を噛むなど
同姓ならOKだからと自然にしてしまっていませんか?
これは異性の前ではNGです。

これらの行動には全く清潔感がありません。
特に女性は清潔感をとても重視します。

一番不快感を与えてしまい、デリカシーがないと思われる行動です。
初対面の人の前では当たり前ですが、お付き合いを始めても絶対に嫌だという人も多いです。


他人と一緒にいる時は出来れば避けた方が良いですね。
同性の前だとOKだからとやっていると自然にしてしまいがちなので日常から気を付けるといいです。

親しき中にも礼儀ありといいまして、同性の前でも、少し気をつけたほうがいいかもしれません。




2.タバコ



一緒にいる相手に断わりもなくたばこを吸い始めると女性はドン引きしてしまいます。
タバコを吸わない女性の前では特に気をつけるべき事です。
吸わない人にとってみれば断る、断らないに関わらず嫌がる人もいるので出来れば吸う時は、
少し離れて吸う、喫煙スペースに行くなどの配慮が必要かもしれません。

タバコを嫌いな人からすれば、タバコはお金の無駄、不健康、臭いが服につくなどと悪いことしか挙がらず、悪の存在となっています。




3.相手を傷つける発言



体型やその人が持つコンプレックスに触れるようなこと、
「○○に似ている(言われても嬉しくないような動物や物)」、
ファッションやヘアスタイルを侮辱するような発言は
女性が一番男性に対してデリカシーがなくて腹が立つ原因のようです。


これは初対面どころか結婚していても言われるのが嫌だと思う人が多いほど根深い問題です。
本人はテレビの毒舌芸人のマネをしてみんなを笑わせようと
サービス精神で言っているのかもしれませんが、人によっては心の底から傷ついている場合があります。


言われても平気な人とそうではない人がいます。
特に初めて会う合コンの時など相手をよく知らない場合は気を付けましょう。
慣れてきても絶対言われたくないことも人によってはあります。相手の反応をきちんと観察して下さいね。





4.下ネタ



夜のお酒の席ならまだしも時と場所を考えず
大声で下ネタを言うのはデリカシーに欠けていると思われます。
下ネタも人によりますが、苦手な女性も多いので
夜でも相手によって気を付けないといけないですね。
年齢に関わらず下ネタがとにかく嫌だという人はいます。


男女が混ざって一緒にいる場で大丈夫だという下ネタはなかなかありません。
最初から避けた方が無難かもしれませんね。


女性でも平気で大声で言う人もいますが
男性に合わせて言っていると極度に嫌う男性もいるので女性も気を付けた方が良いですね。






5.空気を読めない行動



カップルで時々あるのが昔の彼女に平気で会わせる、
お酒の席で隣の人の飲み物を勝手に飲む、
店員に大声で文句を言うなど
その場の雰囲気や周りの人の事を全く考えない行動をする人がいます。
これはデリカシーがないと思われます。


自分は何も気にしないから・・・と思って周りの事を考えないで行動してしまうとドン引きされている事があります。
とても難しいのですが男性より女性の方が細かい事までよく気付くという性質があるので
男性が全く気にならない事も不快に思う場合が多いのです。
少し周りの空気を読んだり相手の気持ちを想像してから行動してみるようにした方がいいかもしれません。




ユーモアとの境界線が難しいこともありますが、
その場の雰囲気や相手の反応をよく観察して思いやりのある行動をとりたいですね。


2016年1月4日

written

by kiyomi-n


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop