現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月11日更新

彼氏とのマンネリを解消!気持ちを冷まさず恋愛関係を続ける4つのコツ

9026 views

最近、彼氏とマンネリ気味です。彼も私とのデートを優先してくれなくなったし、私自身も付き合い始めのドキドキ感が薄れてきたかもしれません。でも彼のことは好きなので、なんとかマンネリを解消したいのですが\…。(大学2年生・女性)




こんにちは!合コンプランナーの安藤京花です。

 

学生の冬休みは夏休みに比べると短い記憶がありますが、

宿題の量はやっぱり、多かったような記憶もあります(笑)

大人になっても宿題という名前の提出物に似たようなことは、

引き続き出てきますので”いまだけ頑張れば楽になる!”という気持ちよりも 

”これは将来のための練習だ!という気合でサクッと片づけて

有意義な冬休みを迎えてくださいね★

 

今回は恋愛関係にはよくある”マンネリ”という時期を回避する方法を

お伝えしようと思います。

実際に長く続くカップルが実践しているちょっとした”コツ”です。 

 

1 彼に自由時間をあげる



好きな人の行動は気になるのが彼女!という方は長く関係は続けられません。

いいですか?”自由”っていうのは何も彼をホッタラカシにして、

好き放題してきていいよ~という言葉をわざわざ彼にかける訳じゃなく、

「わたし女友達と食事にいくから、この日は会えないの」

「この日は1人でのんびりしたいの」など

「彼がいない時間があっても楽しめる彼女だ」ということを

教えてあげてほしいのです。

もちろん、ここで全く彼がいなくても淋しくもなんともない!ということではなく

会えないのは淋しいけど、あなたと付き合えてるだけで毎日ハッピーなのよ、

という彼の存在があるだけで常に幸せだということを伝えてれば、

彼は気兼ねなく男友達や両親と出かけられるので自由になるんです。

 

行動の自由だけじゃなくて1番恋愛関係で大切なことは”気持ちの自由”。

これを彼にあげてください。

 

2 手書きのカードをプレゼントする 



メールや電話だとなかなか伝えきれない気持ちを

可愛いカードや手紙にして、手作りの料理やクッキーなどに

添えて渡すのはおススメです。

その場で読ませちゃだめですよ?

自分が帰った後や、その場にいない時に見てもらうことにして、

照れくさいことも、思い切って書いちゃいましょう。

ちなみに愚痴や悲しいつらいなどのワードはNG!

あくまえで何回も読み返したくなるような内容の

ハートのこもった手書きの手紙を送りましょうね。

 

手書きの文字って気持ちがすごく伝わりますから、

ちょっと彼とマンネリ気味だなとか、

最近彼と喧嘩ばかりしてる…という悩みを持っている方にもおすすめです★ 

 

3 写真を撮る、思い出を増やす



いつも一緒だとだんだん写真も撮影することも”別にいいか”と見落としがち。

出来れば誕生日や2人の何かの記念日のときに

過去を思い出せるような写真を数枚撮っておくようにしましょう。

手帳に幸せな2人の笑顔の写真をあなただけでも持ち歩くようにして

彼との関係を不安になったり喧嘩しそうになったら、

その写真を見つめてみてください。

 

このとき手元にいつもあることがポイント!

ざわざアルバムを開かないと見れないような状態にはしないことで

すぐに”あのころの笑顔の2人”が見ることができ、

”いい気分”に戻ることができるのです。

 

4 セクシーな髪形や服装にチャレンジしてみる



恋人同士のいいところは

長く付き合えば付き合うほど”自然な関係”が当たり前になっていくこと。

でも、悪くいえば”1人の男性として意識しなくなっていく”のも当然あるわけで…

彼女というポジションに安心しきってる方が

”急に彼が会ってくれなくなった!”という悩みをもつ1つの大きな原因は

”女性らしさに気を使わなくなってきた”という現実です。

 

洋服もいつもワンパターン、メイクも同じスタイル…

定”またそれ?”と言われちゃうような無難な服装になってることに

気づいていないのです。

男性は視覚で恋をしていますので

目から入ったものに”反応”しますし興味を持ちます。

 

毎回じゃなくてもたまには、

胸元が少しあいたセクシーな大人の洋服にチャレンジしたり、

メイクも普段と違ったセクシーさがでるものを試したほうが、

女子力もアップしますし、

彼があなたに会うことが毎回楽しみになっていくんじゃないでしょうか?

 

まずはあなたが変わる努力をすること!

行動を起こすことが恋愛関係をホットに続けるコツですよ~(^o^)丿ファイト

 

2014年6月11日

written

by 安藤京花


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop