現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月13日更新

一度は行ってみたい!国内の秘境10選

327 views

長期休みに旅行にいきたいと考えているのですが、国内の秘境を教えてください!(大学2年生 男性)


 

心が震えるほどの感動を味わうなら是非秘境へ足を運んで見てはいかがでしょうか?
死ぬまでに行っておきたい日本の秘境はたくさんありますが、
なかでもオススメの一度は行ってみたい!国内の秘境10選をご紹介します。

 

竹田城





画像提供:http://www.city.asago.hyogo.jp/

兵庫県にある竹田城跡は雲上に浮かぶ城。
雲海に包まれた竹田城は訪れる者を圧倒する迫力満点のお城。
天空の城、日本のマチュピチュとも呼ばれています。
この雲海に包まれた姿や竹田城から見下ろす風景はまさしく絶景です。

 

屋久島





画像提供:世界遺産屋久島

1993年に世界自然遺産に登録された屋久島。
樹齢7200年と言われている縄文杉をはじめとする屋久杉が有名な場所。
屋久島は面積の90%が木々に覆われた森であり、
「洋上のアルプス」や「東洋のガラパゴス」などさまざまな呼び名がつくほどの場所です。

 

雄国沼湿原





画像提供:http://www.urabandai-vc.jp/

全国でも有数の貴重な手つかずの自然を残す雄国沼湿原。
福島県喜多方市近くにある湿原は約50万年前の
猫魔ヶ岳の火山活動によって誕生した標高1000メートルを超える湿原とカルデラ湖。

高山植物が湿原一面に咲き誇る景色を堪能できる夏が一番良いと言われています。
ニッコウキスゲの大群落はこの世の楽園と呼ばれるほど。

 

白神山地





画像提供:http://www.shirakami-visitor.jp/

白神山地は、青森県南西部から秋田県北西部にまたがる広大な山地帯。
中でも原生的なブナ林で占められている地区は世界遺産として登録されました。
トレッキングなどにも最適の場所と言われています。

 

秋山郷





画像提供:http://sakae-akiyamago.com/

自然豊かな「信州の桃源郷」として有名な秋山郷。
特に秋の紅葉の季節は美しく、錦秋の山々が訪れる者を虜にするほど。
日本の秘境100選のひとつでもあります。

 

古座峡





画像提供:http://www.town.kozagawa.wakayama.jp/

古座川河口から七川ダムにいたる約30kmの峡谷。
川と断崖絶壁のコントラストがとても美しい場所。
奇岩が多数あり少女峰、虫食岩、滝の拝など、高さ100m、
幅500mという巨大な一枚岩もあり圧巻です。

 

黒部渓谷





画像提供:http://www.alpen-route.com/

日本一深いV字峡谷と言われている黒部渓谷。
深さ1500~2000メートルの落差がある谷。
そこを縫うように走る小さなトロッコ電車の黒部峡谷トロッコ列車は絶対に乗る価値ありです。

原生林と断崖絶壁の峡谷美。ゴールデンウィークごろには渓谷の山頂、
室堂にて雪かきをし、10メートル以上の雪壁の間を縫って進むツアーも大人気です。

 

熊野古道





画像提供:http://www.hongu.jp/kumanokodo/

熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)へと通じる参道道の熊野古道。
世界遺産に登録されて今年で10周年を迎えた熊野古道は再生の地として
信仰されてきた熊野へ至る祈りの道と言われています。

 

白山





画像提供:http://www.hakusan-rindo.jp/

白山国立公園内の石川県白山市と岐阜県大野郡白川村にまたがる
白山は標高2,702mの山。
日本百名山や新日本百名山、花の百名山などにも選ばれています。

ブナの原生林をはじめとし、広大な樹海日は四季を問わず楽しめます。
古来より信仰の山多くの登拝者がありました。
標高600m~1,450m、全長33.3Kmの白山スーパー林道も人気のツーリングスポットです。

 

高千穂峡





画像提供:http://takachiho-kanko.info/sightseeing/takachihokyou.php

阿蘇山の溶岩流が柱状節理に絶壁を作っている高千穂峡。
12万年前の噴火と9万年前の噴火の際の溶岩流などから作られた渓谷はとても神秘的。

さらに五ヶ瀬川が阿蘇溶岩を浸食して生まれたV字型の
渓谷・高千穂峡に流れ落ちる真名井の滝は高千穂を象徴する風景。
高さ17メートルの断崖から水面に落ちる様はまさに神の住む町にある神秘の滝。
パワースポットとしても人気の場所です。

いかがでしたか?
神秘的で優美な日本の秘境。
一見の価値ありのオススメの秘境ばかりですので、是非一度は訪れて見て下さい。

2015年1月13日

written

by はらぺこむし


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop