現在17271個の困ったを解決できます!

2016月9月2日更新

彼女を困らせてない?断りづらい「彼氏からの頼み」7パターン

1383 views

彼氏からの頼み事ってなかなか断れないんですよね。


大好きな彼に嫌われたくない一心で、彼女は一生懸命になっちゃうんです。


たとえそれが、嫌なことでも…でも、彼氏なら気づいて欲しい!


彼女が困っているということを。


こんなお願い、本当は嫌!という女子の声を集めてみました。


男性諸君、彼女にこんなお願いしていませんか?





1.「会いたい」


ただ単に会いたいというのであれば大歓迎なんですよね。


ここでいうのは、彼女の都合を考えないで、自分だけの気持ちを優先させているということを指しています。


例えば、夜中にも関わらず会いたいだとか、自分の用事が済むまで待っていて欲しいだとか…もしかしたら、彼女には門限があるかもしれないし、予定があるかもしれない…。


そんなことを考えずに「会いたい」という気持ちを押し付けてはいけません。


彼女だって彼氏には会いたいんです。


でも、お互いの都合を考えて付き合える関係が良いですよね。




2.「お金を貸してほしい」


これはやっぱりNGです。


付き合っている彼女からお金を借りようという精神が間違っています。


でも、彼氏に嫌われたくないという気持ちから、彼女はOKしてしまいます。


本当は「この先、お金を借りられるようなことが何度もあったら…」「自分と付き合ったのはお金が目的?」などという不安を抱いてしまっているはずです。


いくら愛情がある関係でも、お金の貸し借りは良くありません。




3.「タバコ吸ってもいい?」


喫煙者の彼氏と付き合うのは問題ないのですが、TPOをわきまえて欲しいというのが彼女の本音です。


食事中や彼女の部屋、車などの密室空間などでところかまわず吸ってはいませんか?


彼女のことを考えているなら我慢ができるはずですよね。


受動喫煙の方が体に悪いのですから。


吸うなら、自分の部屋や決められた喫煙場所で吸いましょう。


デート中でも 、喫煙場所が設けてある場所なら「吸いに行ってもいいかな?」と彼女に一言断っていけば、彼女も悪い気はしませんよね。


彼女が煙いのを我慢していることに気づいてあげて下さいね!




4.特殊な趣味に付き合わされる



彼氏に趣味があるのはすんなりと受け入れられるのですが、その趣味に付き合わされるのは少し大変なようです。


共通の趣味ならともかく、彼女には全く興味のないものだと正直苦痛でしかありません。


例えば、車が趣味の彼。


車の展示会に彼女を同行させたり、車の改造に付き合わせたりしていませんか?


彼女はせっかくの彼氏との時間を満喫したいのに、ほぼわからない話をされても楽しくありません。


できれば、二人で過ごす時間は、二人で楽しめるデートをしましょう。




5.ダイエット中のボリュームのある食事


これはなかなか気づけなくても当たり前ですよね。


正直気づいてあげられた彼氏がいたら褒めてあげたいです。


彼氏側からすれば、美味しそうに食事をする彼女を見るのが好き、一緒に食事を楽しみたいと思いますよね。


しかし、彼女も大好きな彼に釣り合うように、嫌われないようにと日々努力をしているのです。


なので、出来れば彼女がダイエット中などとわかる場合は、少し付き合ってあげて下さいね。


「焼肉行きたい!」「食べ放題に行きたい!」というのはダイエットの後になりそうですね。




6.「コスプレをして欲しい」


男子の憧れ…コスプレ!という人もいますよね。


彼氏に頼まれてコスプレをしたという話はよくあることです。


しかし、彼女が本当は嫌がっている場合もあるんです。


彼の頼み夫だから仕方なく…という人の方が多いかもしれません。


さらに写真を撮るなんて嫌なんです!


その彼女の気持ちに気づいてあげて下さいね。




7.「イチャイチャしたい」


ところかまわずイチャイチャしたがる彼に対して、正直困る!という彼女はたくさんいます。


でも、人前で断ったり嫌がる素振りをしたら彼が傷つく、恥をかくと我慢しているのです。


周りに見ている人たちも反応に困ってしまいますし、大半は「迷惑だ」感じているでしょう。


彼女にとっても、周りにとってもいいことはないので、やめた方が良さそうです。





まとめ


いかがでしたか?「これ、やってたかも!」と当てはまるようなことがあれば、なるべく控えた方が良いかもしれません。


彼女を大切にしていて別れたくないと思っているなら、彼女が嫌気がさす前に改めるべきですね。


お互いに無理強いをしない心地よい関係を築けるように頑張ってくださいね!

2016年9月2日

written

by lilalilanako


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop