現在17271個の困ったを解決できます!

2016月9月18日更新

もっと尽くしたくなる♡彼氏に必要とされていることを実感する7つのタイミング

1262 views

彼氏が私のことを必要としてくれているのか、いまいちわかりません。
みんなはどんな時に実感するものなのでしょうか?(大学1年生・女性)

彼氏に必要とされているって、本当に彼女として幸せなことですよね。


この人と出会ってよかったなぁ。と思わせてくれる瞬間でもあります。


今回は、【彼氏に必要とされていると実感できる7つのタイミング】


をご紹介します。




1彼の悩みを相談された





男性は彼女の前ではいつもカッコよくしていたい。というのが彼氏の願望です。


しかし、仕事の相談、将来の相談を受けたときに必要とされているな。と感じる女性は多いようです。


相談されるということは、信頼されているということなので彼女としては本当に嬉しいことなのです。


それに彼氏に相談されると、支えてあげたいなという気持ちも増しますね。




2健康状態を気遣ってくれた





彼氏に健康状態を気遣ってもらえることって嬉しいです。


健康状態を気にするということは、都合がよいとか遊びで付き合っているということではない。


ということも意味します。遊びでと考えている人は、自分にとって都合がよければ良いのです。


それゆえ残念ながら相手の健康状態まで考えが及びません。




3落ち込んでいるときに叱咤激励してくれた





落ち込んでいるときに叱咤激励してくれる彼氏は、彼女の人生の中で素晴らしい存在のようです。


君は少し、甘えただからもっと人生勉強しなくちゃいけない。


その場ではイラッとくることもあるようですが、感謝している女性の割合が多いです。


逆に甘いことばかり言う彼氏は、正直信用ならないし、彼女のことをよく見ていないという証拠です。




4特に用もないけれど、連絡してきてくれた





なんとなく、会話がしたくてメッセージをくれたとか電話してきてくれた。


なんていうことがあると彼女は嬉しいですよね。


彼女にかまってもらいたい。という彼氏の心の表れでもあります。


また彼女は、彼氏が自分に対して安心感を持っていてくれていると感じます。


ちょっとしたことですが意外とこういうことが恋人同士の信頼感を強めていくようです。


恋人間でのコミュニケーションって本当に大事ですよね。




5お互いの存在が励みになっていると感じる





彼氏と彼女という双方の存在が励みになっていると絆が深まっているなと感じる女性も多いです。


二人とも、仕事や学業で忙しくして久々に互いの近況報告をした時にもっと私も頑張ろう!


と思える彼氏の存在というのは非常に心強く感じるようです。


また彼氏側からしても同じことが言えます。同世代のカップルは特にそうですね。


同世代というのは、受験や就職活動という激戦を共に通過してきた相手です。


そういうことでお互いに意識しあう、刺激を与えあうということが自然とできます。


恋人だけれど、自分だってもっと上のことをできるはず!とお互いに思えて、尊敬しあえる。


まさに理想の関係ですね。




6ふとした時に愛情表現をしてくれた





男性はなかなか恥ずかしがって愛情表現をしません。


それでもふとした思いがけない時に愛情表現をしてくれると彼女側は、彼氏に必要とされているのだな。と感じます。


逆にいつも愛情表現をしてくる男性は逆にうっとうしく感じられてしまったり、なにか裏があるのでは?


と彼女の警戒を招く恐れがあります。




7ありがとう、ごめんなさいを素直に言い合えた





これも、当たり前のことのようでなかなか恥ずかしくて言えなかったり、わかってくれるだろう。


とおろそかになりがちです。


彼氏、彼女という関係はどんなに頑張っても、家族と過ごしてきた歳月に比べると短いわけです。


いくら2、3年付き合っていたとしても、伝わっていなかったり、伝えていなかったりすることが多いようです。


ありがとう、ごめんなさいを伝え合うというのは、相手のことが必要で一個人として認め合う。


尊敬しあうということです。





最後に





いかがでしたでしょうか?


7つのことをうまく網羅しているカップルというのは実際にいて本当に長続きしています。


意外と当たり前のことのようなことも7つのタイミングの中にありました。


やはり、彼女と彼氏というのは自然体でいられる関係が長続きできるカギとなっているようです。


是非この7つのタイミングを頭の片隅において恋愛を楽しんでくださいね!

2016年9月18日

written

by komiya


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop