現在17271個の困ったを解決できます!

2015月7月13日更新

内側から冷え性対策!体を温める食べ物リスト

350 views

冬は冷え性にとっても悩まされます。体が温まる食べ物を教えて下さい。(大学3年生・女性)

 


さむーい冬。冷え性の方にとっては辛い時期がやってきましたね。

「冷えは万病のもと」と言われ、肌あれやむくみ、顔色が悪い、なんだか疲れる...など不調を引き起こす原因でもあるんですよ。

そこで今回は、体を内側から温めてくれる食べ物をご紹介します。どれも温かい体を作ってくれるものばかりですよ。

 

あんかけうどんなど、とろみがある食べ物





画像出典:http://www.oyamaya.jp/recipes/detail.php?recipe_id=108

スープにとろみがついた食べ物は、なかなか冷めないもの。

保湿性が高く、熱を逃がさないので温かいまま胃に届きます。

あんかけうどんや天心飯などがオススメです。

 

ハチミツなど、茶色い食べ物





画像出典:http://gigazine.net/news/20071205_honey_cold/

白砂糖や乳製品は体を冷やすもとです。

甘味は黒砂糖やはちみつからとるようにしましょう。

白米よりも玄米、小麦粉よりも全粒粉やライ麦をチョイスするのも◎。

 

唐辛子など、辛い食べ物





画像出典:http://clips.2coolz.com/2012/06/06/869

とうがらしやわさび、からしなど辛いものは体を温めてくれます。

みそやしょうゆなど発酵食品も効果がありますよ。

ただし、塩分のとりすぎには注意しましょう。

 

さくらんぼなど、北で育つ食べ物





画像出典:http://cherryono.sakura.ne.jp/page009.html

南国で育った食べ物は体を冷やすと言われています。

逆に寒冷地、北で育つものは体を冷やしません。

例えば果物だと、さくらんぼやりんごが北国育ちでオススメです。

 

麻婆豆腐など、香辛料を使った食べ物





画像出典:http://www.taishi-food.co.jp/community/2007/12/post_57.php

スパイシーな香辛料は、代謝を上げるのにお役立ちしてくれます。

スパイスの効いたカレーや麻婆豆腐などの中華料理がオススメです。

山椒をかけるのもGOOD。ただし、胃腸が弱っている時は香辛料を多くとることは避けましょう。

 

れんこんなど、旬の食べ物





画像出典:http://kensai.co.jp/zukan/lotus_root.php

特に冬が旬の食材は体を温めてくれます。

れんこんや大根、かぶ、長ネギ、ぶり、えび、たらは冬の旬です。

積極的にとることを心がけましょう。

 

鍋やスープ





画像出典:http://www.jidori.com/mizutaki.html

手軽に温まるなら鍋やスープが一番です。

夕食に迷ったら湯豆腐や水炊き、チゲ鍋などにしてみてはいかがでしょうか。

具だくさんスープも体がホッとしますよ。

 

王道 しょうが





画像出典:http://www.kampodesk.com/assets/sozai_description/shouga_sozai2-afbe46770ad58c1ec7df75ec688df4ad.jpg

冷え対策といえば、やっぱりしょうがは外せません。

漢方薬でもよく使われる温め食材の代表格ですね。

すりおろしたり、刻んだりして料理に使うのがオススメ。

胃腸の働きを整えてくれる作用があるのも嬉しいですね。

 

いかがでしたか?

外食の機会も多いシーズンですが、何を選べば体が温まるのかしっかり覚えておけば、冷えも怖くないですよね。

熱を作り出すエネルギー源を食事でとること、ぜひ心掛けてみて下さいね。

2015年7月13日

written

by しぇりー


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop