現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月25日更新

これが節約の秘訣!家計簿を無理なく続ける4つのコツ

681 views

節約のために家計簿を付けたほうがいいとはわかっているのですが、なかなか続きません…続けるコツがあったら教えてください。(大学1年生・女性)


お金

 

家計簿って長く付け続けるのが大変そう。

面倒だから毎日付け続けられない。

そんな風に考えて、家計簿を付けることを途中で諦めたことはありませんか?

そんな人に、無理なく家計簿を書き続けることができる、4つのコツをお教えします。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

 

 1:自分に合った方法を見つける



家計簿は、①ノート②パソコン③スマートフォンなどのツールを利用して記録していくものです。

まずは、どのツールを使って家計簿を付けていくのかを選びましょう。

更に、ツールにどのような方法で記録して、収支を把握していくのかを選びます。

例えば

 

①レシートをノートに張り付けて支出を記録する

②「食費」「水道光熱費」など、用途ごとに複数の小分け袋や財布を用意し、残金で支出を把握する

③エクセルなどのソフトを使って家計簿を作成し、収支を記録する

④スマートフォンのアプリをダウンロードして収支を記録する

⑤ノートや市販の家計簿に手書きで記録する。

 

などの方法があります。

しかし、どのツールを選んで、どの記録方法と組み合わせると良いかは、その人によって相性があります。

まずは自分に合った方法を探してみることをお勧めします。

 

 2:気楽な気持ちで始める



肩の力を抜いて気楽に家計簿を付け始めましょう。

レシートを無くしたり、収支が合わなかったり、うっかりしていて付け忘てしまったり… 家計簿を付けていると、色々なハプニングが起きます。

キチンと数字を合わせようとしたり、毎日決まった時間に記録しようとしたり、「家計簿をつけなければならない」と、思い過ぎると家計簿をつけることが嫌になってしまいます。

頑張りすぎないように気楽な気持ちで始めましょう。

 

3:モチベーションを持つ



貯金や節約といった、家計簿を付けるためのモチベーションが人それぞれにあります。

実は、そのモチベーションが長く家計簿を付けるコツになります。

例えば、家計簿の表紙に「旅行に行く資金10万円を貯める。」など目標や金額を具体的に書き込んでおきます。

そして、貯金額の総合計を記載する欄を作っておけば目標達成額まで、あと、どのくらい貯めればいいのかが一目瞭然です。

夢の実現を目指して家計簿を付けてみましょう。

 

4:家計簿を見返す



1週間家計簿を付けることを続けることができたら、一度見返してみましょう。

もしかしたら、いつのまにか節約ができていたり、記録することに慣れて、見やすい家計簿になっていたりするかもしれません。

成果を感じると喜びが生まれます。その喜びが明日も家計簿を付けようという気持ちに繋がります。

逆に成果を感じることができなかったとしても、頑張って記録を続けた自分自身を、しっかり褒めてあげてくださいね。

 

まとめ



いかがだったでしょうか?

長く続けば、家計簿はいつしか思い出ノートに変わります。

何年か後に笑顔で家計簿を見ている自分を想像しながら付けるのも良い方法かもしれませんね。

 

2015年2月25日

written

by 久永紗悠梨


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop