現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月30日更新

今年の汚れは今年のうちに!年末大掃除の7つのポイント

153 views

 

一年も終わりに近づいてくると、多忙になってきますね。

そして、怠ってはならないのが年末の大掃除ですね。

一年の汚れを取り去り、気持ちよく新年を迎えましょう!ですが、掃除といってもやる気がなかなか起きないと思います。

そんな時、ここだけは抑えておきたい掃除の7つのポイントを紹介致します!!

 


換気扇





画像出典

換気扇の汚れは、家庭の中の汚れで最も頑固な汚れのひとつです。

換気扇は年末の大掃除の主役に近いかと思います。

それは、時間が経つと油自体の変質と塵ホコリが絡み合い益々落としにくくなり手間がかかります。

本来はこまめに掃除しておけば油汚れもさっと取れてそんなに手間はかからないのですが、とはいいつつもやはり年末だけになりがちな換気扇の掃除方法はといいますと・・・。

必ずコンセントを抜いて、換気扇の羽根(回転方向と逆ネジ)やグリスフィルター、枠などをはずします。

キッチンの強力クリーナーを直接羽根にスプレーします。

汚れのひどい時は、予めペーパータオルなどを貼り付けその上からスプレーします。

10分程度置いてから拭き取ります。

強力クリーナーを使用するときは、必ず炊事用手袋を使用します。

手あれどころではすまなくなります。

羽根の縁など細かい所は、使い古しの歯ブラシや割り箸など擦で汚れを落とします。

最後に水洗いをするか水拭きをします。

充分乾かしてから取りつけます。

レンジフードなど大物は、こまめにフィルターを掃除すれば比較的簡単にきれいになります。

 

お風呂場の壁・床、天井・電灯





画像出典

壁・床

お風呂場の壁や床は、浴室用の洗剤をつけてしばらく置いたのち、たわしなどでこすります。

たわしでは傷が付いてしまう壁の場合は、スポンジなどを使います。

排水口も清潔にしておきたい箇所です。

雑菌が繁殖しやすく、すぐにぬめりが出てきますし髪の毛が引っかかっていることも多いので、丁寧に掃除しておきましょう。

壁やタイルの目地などが黒ずんでいたらカビが原因です。

カビとり剤でとりましょう。

ティッシュなどを黒ずみの上に貼り付けその上からカビとり剤を吹き付けしばらく置いておくと楽にとることができます。

換気には充分な注意が必要です。

 

天井・電灯



風呂場で、普段手が行き届かないのが天井部分、湿気がこもる風呂場は天井もカビが発生しやすい場所。

壁と同様な方法でしっかり掃除をしましょう。

ついでに電灯ののカサや電球なども掃除メンテナンスしましょう。

 

トイレの便座





 

画像出典

便座はトイレ用洗剤は使わず、台所用などの中性洗剤を使って掃除しましょう。

誤ってトイレ用洗剤が付着したときはすぐに拭き取っておく必要があります。

ウォシュレットは水濡れを嫌います。

よく絞った雑巾でしっかり拭きましょう。

電気のラインや配管のチェックもしておきましょう。

 

窓ガラス





画像出典

 

まず、汚れの少ない内側、また、上下に分かれている窓の場合は、上部の窓からはじめましょう。

ガラス用洗剤を窓ガラスにジグザグに吹きつけ、古いTシャツなど毛羽の立たない布でふきあげます。

外側も内側と同じように、ガラス用洗剤を窓ガラスにジグザグに吹きつけた後、古いTシャツなど毛羽の立たない布でふきあげます。

ガラスのふちなどは歯ブラシを使ったり、割り箸の先を少しつぶして繊維質にしてこするとよく汚れが落ちます。

仕上げは、新聞紙をくしゃくしゃにして、ふき取ると適度なつやが出ます。

カットや模様つきのガラスは汚れがたまりやすいですが、その場合は古くなった歯ブラシなどに洗剤を付けてこすればキレイになります。

 

網戸・カーテン





画像出典

 

網戸は、掃除機などでホコリを取った後、住居用洗剤を吹き付けてから網の部分をスポンジ2個ではさみつける要領で拭きあげます。

軽く回数を多くすると網を傷めずきれいに仕上がります。

ついでに、サッシ用ブラシや歯ブラシを使ってレールの溝やサッシ枠もきれいにしましょう。

窓ガラスをピッカピカにすると、カーテンの汚れが目立ちます。

ついでにカーテンも洗ってすっきりさせましょう。

※カーテンは種類により洗い方が異なりますので気をつけて洗ってください。

 

家具



 

上部や側面にたまったほこりは、はたきで取り除いて、乾いたきれいな雑巾に家庭用洗剤をうすめたものを吹き付け(霧吹きなどで)、もむようにして全体にわずかな湿り気を与えながら、あかやほこり、ヤニなどを拭き取ります。

白木、漆、ニス仕上げの家具類は水気を嫌いますので乾拭きだけにとどめておきます。

洋ダンスであれば家具用ワックスを少し付けて磨くと、適度なツヤが出ます。

ワックスの付けすぎにには注意しましょう。

桐ダンスの場合は虫穴が無いかチェックし、虫穴がある場合は殺虫剤をかけてから充填剤などを詰めておきます。

全体が黒ずんできているなら、業者に頼んで削り直してもらうと美しくなります。

スチール家具などは家庭用洗剤を吹き付け拭くことができます。

 

冷蔵庫





画像出典

私たちの食生活をささえる冷蔵庫、私たちの口に入る食料を保存するという、衛生的にも掃除は重要です。

いくら新鮮な食料をしまっても、冷蔵庫が汚れていては、毎日使う冷蔵庫なのですから、定期的に清潔にリフレッシュする必要があります。

水でぬらしたフキでまず汚れを拭きます。

標準濃度の台所用洗剤液を含ませたふきんで拭いて見えない汚れや細菌を落としましょう。

さらに水をふくませたふきんで洗剤や汚れを拭き取ります。

より効果的に除菌するためには、アルコール含有のクリーナーや、除菌&漂白液を含ませたふきんで拭きましょう。

そのときは、漂白剤が残らないようにふきとります。

からぶきして、水分をとり乾燥させましょう。

 

いかがでしたでしょうか?

年に一度の大掃除ですから、これを機会に家のいたるところまできれいにして、

気持よく新年を迎えたいものですね!

2014年12月30日

written

by やーみん


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop