現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月25日更新

大学生のうちに読んで欲しいおすすめ漫画ランキングBEST8

7769 views

大学生のうちにこれだけは読んどけっていう漫画を教えて下さい!(大学1年生・男性)


学生生活を終えて社会に出て行くその前に、ぜひ読んでおきたい漫画があります。

これから大人に成長していく、その分岐点にいる大学生だからこそ、感じることがあると思うからです。

現在連載中のものをはじめ、過去の作品の中からも、大学生のうちに読んでおきたい作品をご紹介します。

恰好つけたい

1.ReLIFE (夜宵草)



27歳の主人公が、17歳に戻ったら・・・というお話。

大学生からすると、「27歳「は「そう遠くない未来」です。

そして「17歳」は「そう遠くない過去」。

未来の自分と過去の自分を重ねて読む事ができるはずです。

人生があまりうまくいっていなかった主人公が、やり直しのチャンスをどう生かすか、今後の展開が楽しみな作品です。

ReLIFE (夜宵草)ReLIFE (夜宵草)

画像出典:Amazon

ReLIFE (アース・スター コミックス)

2.ばらかもん(ヨシノ サツキ)



長崎県のとある島に移住することになった書道家・半田清舟が主人公の作品です。

都会育ちのイケメンが、次々に島暮らしの洗礼を受けていきます。

日常を丁寧に描き出した作品です。

ヨソモノの清舟先生の真摯な姿勢と、それを受け止めてくれるおおらかな島の人々の関係に、心が温められます。

舞台は国内とはいえ、異文化異世界とのコミュニケーションとなっています。

読後優しい気持ちになれそうな、そんな作品です。

ばらかもん(ヨシノ サツキ)ばらかもん(ヨシノ サツキ)

画像出典:Amazon
ばらかもん 1 (ガンガンコミックスONLINE)

3.聲の形(大今 良時)



聾唖の少女が転校してきた小学生時代から、中学を経て高校生になった主人公。

彼には、クラスの中心的存在だったのに、転校してきた少女をきっかけにいじめられ孤立していった過去があります。

高校生になり、思春期のどこかもやもやした気分も抱えています。

そんな時に、主人公は意外な形で聾唖の少女と再会します。

そして、物語がまた、動き出します。

人は、自分の想いを誰かに伝えたいと思う生き物です。

そのために「言葉」は大きな役割を果たしますが、「言葉」以外にも想いを伝える方法はあるし、

想いを理解する手段はあるはずです。

想いと言葉は必ずしも同じではありません。

主人公の少年と、聾唖の少女がこれからどんな物語を紡いでいくのか、気になる作品です。

聲の形(大今 良時)
画像出典:Amazon
聲の形(1) (講談社コミックス)

4.昭和元禄 落語心中(雲田 はるこ)



昭和の落語界を舞台にした作品です。

落語に興味がない人でも、刑務所あがりの主人公・与太郎さんと一緒に名人・八雲師匠の落語を存分に楽しめるはず。

あっさりした作画で、淡々と紡がれていく古きよき時代。

これまでかたくなに弟子を取らなかった八雲師匠が、拍子抜けするほどあっさり弟子にしちゃった与太郎。

寄席でもかわいがられる「陽」の子です。

命を懸けるほどのナニカ、が見つけにくいこの時代。

まだ何者でもないからこそ、何者にでもなれる可能性を持つ大学生の皆さんに、ぜひ読んでいただきたい、そして見届けていただきたい物語です。

昭和元禄 落語心中(雲田 はるこ)昭和元禄 落語心中(雲田 はるこ)
画像出典:Amazon
昭和元禄落語心中(1) (KCx(ITAN))

5.BANANA FISH(吉田 秋生)



不朽の名作としても名高い『BANANA FISH』。

ストリート上がりの主人公アッシュ・リンクスは金髪に緑の目。頭脳明晰、喧嘩も強い。

壮絶な過去を持ち、裏社会の徒花として生きる17歳のアッシュは、まさにリンクス(山猫)。

そんなアッシュの前に偶然現れたのが19歳の日本人、奥村英二です。

挫折を抱え、カメラマンの助手としてN.Y.にやって来た英二との出会いが、

アッシュをさらに過酷な道へ進ませていきます。

年齢や国籍や民族は言うに及ばず、住む世界もこれまでの生き方も、これからの生き方も違う、そんな異質な二人の少年が、損得や利害を気にすることなく、ただただ互いを大切に思うのです。

友情や愛情を超えた二人の絆が、非情な裏社会とどう対峙していくのか。

物語が進んでいくにつれ、人間関係も複雑になっていきます。

かなりリアルな臨場感を持って読み進められる物語です。

BANANA FISH(吉田 秋生)BANANA FISH(吉田 秋生)
画像出典:Amazon
BANANA FISH(1) (フラワーコミックス)

6.スキエンティア(戸田 誠二)



タイトルの「スキエンティア」は科学の女神。

ドラッグ、クローン、機械・・・題材やストーリーはまさにSF。

けれど、そこで描かれているのは、人間です。

近未来のとある街が舞台となっている連作短編集ですが、一貫しているテーマは「人生の可能性」だと思います。

人生は、数限りない可能性に満ちている。

そのどれを選んでも、いつ選んでも、人生は変えられる。

そう、自分が変えようと思えば、変えられるのです。

人はそれぞれ、人生も色々。

そして、幸せの形もさまざまです。

科学が進歩した未来にだって、人が生きている限り人生はあるのです。

その未来が、やさしい未来であることを願わずにはいられません。

スキエンティア(戸田 誠二)スキエンティア(戸田 誠二)
画像出典:Amazon
スキエンティア (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

7.AKIRA(大友 克洋)



こちらも熱いファンがいる名作。

30年も前に描かれたとは思えない作品です。

舞台は近未来の崩壊しかけた日本(といっても設定は2019年です。もうすぐです!?)。

超能力、暴力、破壊、支配・・・描かれるキーワードは、どれも現在まで受け継がれているSFワールドに欠かせないものばかり。

とにかく精緻に描き込まれた未来都市ネオ東京の街や、主人公たちが乗り回すバイクなどの乗り物、施設で使用されている機械類がすばらしい!

疾走感がリアル、なんです。

国家、世界、そして宇宙にまで話は広がっていきますが、この物語の根底にあるのは少年たちの友情だと思います。

大人になったらどこかに忘れてきてしまう、そんな少年たちの友情は普遍的です。

だからこそ、この作品はこんなにも長きに渡り、魅力を失わないのだと思います。

AKIRA(大友 克洋)AKIRA(大友 克洋)

画像出典:Amazon
AKIRA(1) (KCデラックス ヤングマガジン)

8.鉄コン筋クリート(松本 大洋)



こちらの作品にも、友情があふれています。

いえ、友情という言葉では収まりきらないくらいの想いかもしれません。

宝町に暮らすクロとシロには親も家族もいません。二人っきりでたくましく生きています。

お互いの足りないところはお互いが持っていると、ものすごいことを普通に言うシロと、シロのためなら何だってやるクロが主人公です。

名前の通り、クロとシロは二人で一人、二つで一つなのかもしれません。

クロとシロは相反する二つの世界。

闇と光。善と悪。生と死。単純なものと複雑なもの。表面に現れるものと深層に潜むもの。

聖なるものと穢れたもの。そして、暴力と愛。

人は一人では生きていけません。

それをつきつけられた時、どうするのか。どうなるのか。

そんなことを考えるのも哲学ですよね。

これから社会に出る大学生の皆さんは、どう考えるでしょう。

鉄コン筋クリート(松本 大洋)

画像出典:Amazon
鉄コン筋クリート (1) (Big spirits comics special)

いかがでしたか。

現在連載中の作品と、完結している作品をあわせてご紹介してみました。

素敵な作品ばかりなので、気になった一冊をぜひ手に取ってみてください。

大学生の今、だからこそ感じることができるものが、きっとあるはずです。

2015年2月25日

written

by sayang


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop