現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月1日更新

年上モテしたい女子必見♡年上男性キラーになる7つのコツ

6551 views

付き合う相手は、年上の男性がいいです。年上の男性に好かれるためのコツを教えてください。(大学2年生・女性)


年上の男性が好きな女性

やっぱり憧れの年上男性!

人生経験が豊富な分、包容力や理解力も高くって素敵な場所にも沢山連れて行ってくれたり
一緒に居るだけでレディーな気持ちに・・・。

そんな魅力に溢れる年上男性を狙い撃ちしたい!!
とにかく年上男性にモテる、年上キラーになる秘訣を公開します!

 

1 甘え上手



男性は甘えられたり頼られたりするのが好き!

特に年上の男性になると、やっぱり女の子の前では
良い所を見せたり、頼りになる一面を見せたりしたいもの…。

金銭的な部分では無く、手助けが欲しい時や、分からない事はドンドン相談するのが吉!
素直にオネダリしたりお願いしたりする事で年上男性は“頼りにされているなぁ”と張り切りたくなります。

お願いしたり相談する事で自然と関係も近くなって一石二鳥♪
しっかりお礼の言葉は忘れずに・・・。

 

2 生意気すぎない



少しの生意気は可愛げがありますが、知ったかぶりや、上から目線など、可愛くない生意気はNG!!

例えば…
「○○って知ってる?」と聞かれて、たとえ知っている事柄でも
「あ~○○でしょ?知ってる知ってる~」と言ったように
あっけらかんとするのではなく

「知ってると思う~!確か・・○○って○○だよね?」
といった風にやんわり伝えた方が年上男性には効果的!

年上男性は、経験や知識がある分、知ったかぶりや過度な見栄をすぐに見破ります。

 

3 タメ口も使う



いくら年上と言えど、四六時中、敬語や丁寧語で話す必要はありません。
ちょっとワガママなお願いや、話が盛り上がっているときの相槌など、
会話の端々にさり気なくタメ口を使うと一気に距離が近く感じます。

普段話す時は敬語なのに、
二人で会話が盛り上がっている時にさり気なくタメ口になる事で
“自分には心を開いてくれているのかな…”
と、親近感が湧くので、一気に距離が縮まる糸口にも…。

かといって、タメ口をきき過ぎるのもNGなので、あくまで、適度に!さり気なく!がポイントです。

 

4 若さをアピール



年上男性への最大の武器ともいえる“若さ”のアピール!
ただただ元気がウリだけの過度なアピールはNGですが、ここぞという時には一番効果的です。

例えば、
知らない事や分からない事があった時は素直に
「知らない」「分からない」と伝えたり、
感動した時や嬉しい時は、恥ずかしがらずにとことん感動したり喜んだりしましょう。

年上男性の、忘れかけていた純粋な気持ちがくすぶられ、
この子と一緒にいるだけで自分も若くなったように感じる事が出来る…。
と印象付ける事が出来ます。

少し、したたかではありますが、素直な感情を恥ずかしがらずに表に出すことで
年上男性は、この子にもっと感動を与えたい!と使命感が湧くのです。

 

5 気遣いが出来る



頼れる年上男性ですが何でもかんでも頼りにしていては関係性が上手くいきません。
得意・不得意が人間だれしもあるように、年上だからと言って全てが完璧に出来る訳ではありません。

さり気なくフォローをしたり、相手の不得意そうな所は
率先してあなたが対応したり…。

良い意味での50/50のバランスを心がけて行動することで
頼れられてばかりではなく、自分にとっても頼れる相手なんだという事をさり気なくアピールできます。

 

6 意地を張らない



年上男性の多くは恋愛の駆け引きや
言葉の駆け引き等、年下女性に求めている人は少ないようです。

面倒な恋愛よりも、思いっきり頼られたり、甘えられたりする事で
いつしか大事な、守ってあげたいと思う存在に…。

大人の駆け引きに憧れて
“こんな発言や行動は子供っぽいと思われるかな…”
と、アレコレ考えすぎて、言いたい事が言えなかったりしたいことを我慢するよりも。

体当たりで等身大のアナタを見せた方が
年上男性はその経験と知識で寛大に受け入れてくれるでしょう。

 

7 とにかく愛嬌



どんな男性にも言える事ですが、愛嬌のある女性はそれだけで得をします。

とくに年上の男性になると、やはり、いつも明るく元気で
自分に懐いてくれる女の子は自然と可愛がったり、贔屓にしたりするもの。

初めは可愛い“妹の様な存在”でもいつしか特別な存在に変わることもしばしば…
元気で明るく素直な女性は、一緒にいるだけでこちらも元気になれますもんね。

 

年上モテしたい女子必見の年上男性キラーになるコツ!
いかがでしたか?

すぐに実践できそうな事ばかりなので、
ぜひ参考にしてみて下さいね♪

 

 

2014年12月1日

written

by saori5692


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop