現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月4日更新

ビザやステイ先は大丈夫?ワーホリに向けて準備するべき10のこと

417 views

最近ワーキングホリデーに興味をもっているのですが具体的な準備って何が必要なのでしょうか。(大学2年生・女性)


ワーキングホリデー

© frean

「ワーキングホリデーに行くぞ!」と決心したあなた、さっそく準備に入っていると思います。
ワーホリに向けて準備することは、以外とたくさんあります。
直前になって慌てないように、渡航前に準備していかなければならない10のことをまとめます。
余裕を持って準備をするようにしておきましょう。

詳しいことに関しては、下記のサイトを参照してください。

『日本ワーキング・ホリデー協会』から抜粋

URL:http://www.jawhm.or.jp/start.html

 

1、 滞在先の決定



まずはどの国のどの都市に行きたいのかを決める必要があります。
行く国によって言語や滞在に必要な費用、持ち物が大きく変わってきます。
ネットで行きたい国をよく調べて、自分に合った国や都市を選び、
その国にあった準備をしていきましょう。

 

2、 資金の準備



ワーキングホリデーは、現地でアルバイトによる収入を得ることができることがメリットですが、
やはりある程度のまとまった資金が必要になります。

また、現地ではどのようなトラブルが起こるかわかりませんので、
そのような事態に備えて、必要な資金は余裕をもって準備をしておくと安心です。

 

3、 語学学習



現地の語学学校に行くことができますが、
あらかじめ予習をしていった人と、そうでない人の言語上達のスピードはあまりにも違います。
言語があまり伝わらないことで、日本に帰りたくなってしまうワーホリの人も少なくありません。

少しでもその国の言語を身につけていけば、現地での生活をより楽しむことができるでしょう。

 

4、 パスポート取得・航空券の手配



ワーキングホリデービザの申請の時にパスポートが必要ですので、パスポートを早めに取得しておきましょう。
パスポートをもう持っているという人は、出国の際の航空券の手配もしておきます。

 

5、 ワーキングホリデービザの申請



ビザの申請は、各国の受付時期や出国期日に応じて早めに申請します。
申請方法は各国によって異なります。以下を参考にしてみてください。

 

6、 クレジットカードの作成



海外生活において、クレジットカードは必要不可欠です。
料金の支払いだけでなく、身分証としての役割もありますので、渡航前に準備しておきましょう。

 

7、海外旅行保険への加入



渡航前には必ず海外旅行保険へ加入をします。
渡航先での病気や怪我は、医療費がかさみます。
また、病気や怪我以外にも、他人に損害を与えてしまったときの賠償責任に対する備えも必要です。

 

8、 各種届出



海外に出発前に必要な届けを済ませておきましょう。
特に忘れてはならないのが住民転出届けです。
この届出を忘れると海外にいても住民税や国民健康保険の支払い義務が発生してしまいます。

また、学生の方は休学手続きも忘れないようにしましょう。
国際運転免許証の発行もこの時期にします。

 

9、語学学校とホームステイの手配



語学学校は、英語の自信の無い人は是非通うようにしましょう。
自分の英語のレベルに併せて学校に通う機関を決めます。
また、ホームステイ先は語学学校と近い所が良いでしょう。
現地に早く慣れるにはホームステイが一番です。
安全なホームステイにはじめの何ヶ月は住んだ後に、シェアハウスに住むと良いでしょう。

 

10、 外資購入と荷物の準備



出国が近くなったら、現地の通過と、荷物の準備をしましょう。
クレジットカードの引き落とし先の銀行口座の残高もチェックします。
滞在中に、クレジットカードが止められるといった事態が陥らないようにしましょう。

 

 

いかがでしたか?
これらの準備が揃っていれば、いつでもワーキングホリデーに旅立つことができます。
旅行前に余裕を持って準備をすることで、
あなたのワーキングホリデーライフがより楽しいものとなることを祈っています。

2014年12月4日

written

by ebi_0120


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop