現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月15日更新

女性向け!動きやすいけどおしゃれに決まるキャンプファッションの5つのポイント

32381 views

今週末みんなでキャンプに行きます。動きやすいけどおしゃれでかわいいコーデを教えてください。(大学1年生・女性)


キャンプというと、動きやすさや天候など考え、服装にも気を付けなければなりません。

だからっておしゃれにも気を遣いたいものです。

動きやすいけどおしゃれに決まる、キャンプファッションの5つのポイントを紹介します。

 

①パンツスタイルが基本



動きやすさはもちろん、虫よけ日よけ対策にもなります。

長ズボンのみならず、レギンス、タイツ×ショートパンツなどもカワイイです。

パンツコーデ


出典画像:zozotown



こんなストレッチ素材のパンツコーデなら動きやすそうですし、座るのにも気を遣わなくて楽チンそうです。

短パン×レギンスコーデ


出典画像:zozotown



短パン×レギンスコーデも人気です。

長ズボンより足にフィットしていて、実は虫に刺されにくいという話もあります。

レギンス、タイツを変えるだけで、何通りもコーデの幅が広がりそうです。

 

②ヒール厳禁



山にせよ海にせよ、自然を歩くのにヒールの高い靴は厳禁です。スニーカーやぺたんこ靴が良いでしょう。海ならビーチサンダルも。

スニーカーならハイカットがおすすめ。ローカットのスニーカーより覆われている面が多いので、虫よけになるようです。

ショートパンツにもバランスよさそうです。

ハイカットスニーカー


出典画像:zozotown




③雨や寒さ対策



ウインドブレーカーやダウンなら、どちらも対応できますし、脱着も楽です。

ダウンならベストが動きやすくてコーディネートの幅も広がりそう。
chumパーカ 

出典画像:zozotown

ウインドブレーカーやパーカはカラフルなものも増えています。

こんなデザインなら変わっていて、一目置かれそう。

パタゴニアダウンベスト

出典画像:zozotown



ダウンベストはシンプルなものがおススメです。

袖が軽くて動きやすいですし、長袖とのコーディネートで色んなバリエーションが広がりそう。

 

④帽子



帽子も日よけに欠かせません。日焼け対策にもなりますし、熱中症予防にも必須です。

帽子を被っていればちょっとした雨の時にもしのぐことが出来そう。
チチカカ帽子コーデ

出典画像:zozotown

ニット帽などもかわいくてコーデが楽しそうですね。

 

⑤バックは小ぶりなショルダーか、ヒップバッグ



着替えなど、大きな荷物はテントなどに置いておけますが、 貴重品や携帯用品など、どうしても身に着けていなければいけないモノもあります。

小ぶりなショルダーやヒップバックなどを持参し、 両手は空けられるようにしておきましょう。
チチカカヒップバッグ

出典画像:zozotown

荷物を運んだり、作業をしたり、いざという時に両手が空いているのは大事ですね。

小ぶりバックなら近場の買い物にも便利ですし、一つは持っていても良いのではないでしょうか。

 

以上、動きやすいけどおしゃれに決まる、キャンプファッションの5つのポイントを紹介しました。

気を付けなければならないポイントがいくつかあり、色々とおしゃれが制限されてしまうと思われがちですが、近頃はスポーツブランドなども種類が豊で、キャンプファッションも色々と充実しています。

自分なりのコーディネートを探してみてください。

 

 

2014年12月15日

written

by ほっこり


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop