現在17271個の困ったを解決できます!

2016月10月14日更新

予算5万円で選ぶクロスバイク初心者のおすすめモデル7選

49299 views

クロスバイクを買おうと考えています。予算5万円で買える初心者におすすめなモデルを紹介してください。(大学2年生・男性)


ロードバイクを見て、カッコイイなと思っても、値段も高く、自分にはまだ早いと買うのを諦めていませんか?


それなら、クロスバイクはいかがでしょうか。


クロスバイクなら、予算5万円でも購入できるのというのが魅力!



もちろんスピードも機動力もあり、満足いく走りができるはずです。




安くても乗りやすく、デザインもいろいろと選ぶことができますよ。




今回は低価格で買えるおすすめモデルを選んでみました。








GIANT(ジャイアント) ESCAPE R3 52,000円









Image From GIANT



日本でも有名なメーカー、GIANTは台湾メーカー。



実は台湾は、イタリアの自転車メーカーも生産しているくらいで、品質に間違いはないと言われています。



GIANT(ジャイアント)からはESCAPE(エスケープ)のモデルが52,000円とお手頃です。


10年目にフレーム、フォーク、ホイール、全てをフルモデルチェンジをした今が「買い時」と言われているので、要チェック。


24段変速で、坂道も平坦な道も楽に漕ぐことができます。


カラーリングも豊富なのが特徴なGIANT。


自分好みの色を見つけてみるのもいいかもしれませんね。









GIOS(ジオス) MISTRAL 47,500円









Image From GIOS



女性からも人気のGIOS(ジオス)。


MISTRAL(ミストラル)のモデルは、ブルー、ブラック、ホワイトがありますが、狙うべきなのはジオスブルーとも呼ばれるブルーの色。


イタリアっぽく鮮やかなブルーは、ファッション性も高く、通学や買い物にも乗っていきたくなること間違いなし。


価格も47,500円と5万円でおつりがくるのもいいですね。


予約生産で追加生産しないところも貴重です。


限定モノが好きな人にもオススメです。









LOUIS GARNEAU(ルイガノ) LGS-CHASSE 53,000円









Image From LOUIS GARNEAU



カナダの人気メーカーがLOUIS GARNEAU(ルイガノ)。


7万円以下の手頃なモデルが多いのも特徴で、6061アルミフレームのクロスバイク、LGS-CHASSEは53,000円と買いやすい値段です。


ブラックのタイヤフレーム、700×28Cサイズの太めのタイヤは街乗りにもぴったりで、段差や悪路にも強く、自転車走行の充実感を感じられるはず。


フレームサイズは370~520㎜で、背が低い人から高い人までカバーしていることも人気です。


カラーもLGS-CHASSEでは6色。


ホワイト、ブラックの他、写真のマットグリーンなど鮮やかな色もあるので、人と違うカラーの自転車に乗りたい人にもいかがでしょうか。









無印良品 20型クロモリ自転車コンパクトタイプ 46,000円









Image From 無印良品



自転車ツウからも注目されているのが、無印良品の自転車。


クロームモリブデン鋼をフレームとして使った「クロモリ」の自転車で、11.9kgと軽量なのが特徴です。


横から見ても、スリムでデザインもよく、極限までシンプルなシティサイクルが欲しいのならコレ。


値段も5万円未満なので、予算内におさめたい人にもおすすめ。


無印良品週間に購入するなら10%オフで買えますし、選択肢に入れておきましょう。









もうちょっと出せる人は…Bianchi(ビアンキ) カメレオン1 68,000円









Image From Bianchi



予算オーバーになってしまいますが、少しがんばって憧れのBianchi(ビアンキ)もいいかもしれませんね。


おしゃれな人がよく乗っているBianchi(ビアンキ)は、写真のチェレステカラーを選ぶのが定番。


この色の自転車を乗っていると、オシャレ度がアップするはずです。


買ったら良さを実感できる自転車です。









もうちょっと出せる人は…TREK(トレック) 7.2FX 62,000円









Image From TREK



レースにも参戦できそうなのが、TREKの7.2FX。


パンク耐性タイヤなので、悪路にも負けません。


Alphaアルミニウムフレームで、エルゴグリップなので、山道を登るヒルクライムなどにも挑戦できそう。


ラックやフェンダーも取り付けできるので、つければ街乗りにも。


レースにも、カスタマイズして街乗りにもできる1台です。










もうちょっと出せる人は…SCOTT(スコット) SUB SPEED 40 64,000円















Image From SCOTT



クロスバイクですが、MTB風な1台がSCOTT(スコット)のSUB SPEED 40。


タイヤが太く、フレームも独特で個性的です。


ハンドル側に行くにつれて太く、サドル側につれて細くなるフレームは、ビーチクルーザー風の自転車がツボな人にも。


デザイン性も高く、好きな人はこれ以外考えられなくなるかもしれません。




いかがでしたでしょうか。


自転車は、メーカーや値段、デザインによっても様々。比較してみると、自分の好みの1台があると思います。


通学に遊びに、一緒に楽しめる相棒をぜひ見つけてみてくださいね!

2016年10月14日

written

by kumiko3


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop