現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月17日更新

炊飯器でいつもよりお米を美味しく炊く5つのコツ

333 views

炊飯器でいつもよりお米を美味しく炊くコツを教えてください!(大学4年生・男性)


ご飯を美味しく炊く方法

つやつやで微かな甘みのある白米。美味しいお米は日本人にとっては大事なものですよね。新米など、米自体がおいしいと、炊きあがったご飯も美味しくなります。

では、炊飯器で、いつものお米がとてもおいしくなる方法はないのでしょうか。この記事では、5つの方法をご紹介します。

 

①ミネラルウォーターを使って炊く



ミネラルウォーターで炊く

米の美味しさはもちろん大事ですが、米を炊くときには水も大事。お米は水を吸って炊き上がるからです。その水がおいしければ、それを吸ったお米も美味しく炊き上がるでしょう。

ミネラルウォーターがなければ、浄水器を通した後の水を使ってもかまいません。美味しい水を使うことが大切です。できれば洗う時からこうしたものを使うのが好ましいですが、ミネラルウォーターは高いので、炊くときのみでも構いません。

 

②昆布を入れて炊く



昆布で炊く

ダシを取るときに使う昆布。炊き上げる前にこれを入れることで、ご飯に昆布のうまみが染み出します。ダシをそのまま入れるとご飯の味が変わってしまいますが、昆布だけなら問題ありません。ダシの深みがご飯にも染み出て、良い味になりますよ。

昆布の量は、大体5~6㎝のだし昆布を一枚か二枚。入れる前に汚れをざっと洗い流すと良いでしょう。

 

③氷を入れて炊く



お米は冷たい水で炊くと美味しいものになります。けれど、しばらく水に浸けておくと、その水が温くなってしまいますよね。そんな時には、炊く直前に氷を入れることをお勧めします。きりっとした水で炊くことができるので、もちもちでふっくらした仕上がりになりますよ。

ただし、氷を入れると水の量が多くなってしまいます。少し水は少なめに調整するなどの工夫をしてください。折角のお米がべちゃべちゃになってしまっては勿体ないと思います。

 

④酒を入れて炊く



酒を入れて炊く

これは、お米に艶を出すためのものです。つやつやした白米は、見た目からして美味しそうですよね。それほど量は入れる必要がありません。

水に少し酒を入れるだけで、炊き上がりのお米がつやつやになる効果が出てきます。これは、酒だけではなく油でも大丈夫です。米に油を入れることに抵抗がある方は、やはり酒を使うのが良いでしょう。

基本的には日本酒ですが、甘みの足りない米だと思ったら、みりんを使うと良いようです。量は米一合に対して、大さじ1ちょっと、が目安です。入れすぎには十分に注意してくださいね。

 

⑤もち米を混ぜて炊く



普通のお米に、少量もち米を入れる方法です。量は、大体一割程度。もち米を混ぜることで、普通のお米にもちもちっとした食感が加わります。入れすぎると、白米というには少し違うものになってしまうかも。何度もやってみて、一番良い割合を見つけてみてください。

また、料理によっては食感が合わないものもあるでしょうから、料理に合わせて変えてみるのも良いですね。

 

 

いかがでしたか?

美味しいお米は、他の食事もおいしくするもの。上記で紹介した以外にも、水を量る前にざるで米の水をきる、しっかり蒸す、などの方法があります。簡単に美味しいお米が炊けるので、みなさん、ぜひ、挑戦してみてくださいね。

2015年2月17日

written

by kris


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop