現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月19日更新

関東で気軽に行ける秋のおすすめキャンプスポット7選

1100 views

秋になって友達とキャンプにいく予定を立てています。関東周辺でどこかおすすめのキャンプスポットを教えてください!(大学二年生・男性)


 

秋は紅葉や収穫シーズンだけあって行楽にはもってこいの季節ですよね。

こんなときはアウトドアで大自然の恵みを全身で感じてみては?

関東近郊でさくっと行けるおすすめのキャンプスポットをご紹介します。

 

 パークアルカディア ケビン村





(画像出典・公式サイトURL:パークアルカディア ケビン村

 

茨城県北部、常陸大宮にあるキャンプ場。

宿泊可能なこちらには運動場やテニスコート、パターゴルフ場、アスレチック、レンタサイクルなどがあり、遊び放題♪ バーベキューの施設も充実しています。

 

食材の準備はナシでも大丈夫です。

当キャンプ場内のレストランで食材を購入することができるのは嬉しいですね。

夏でも涼しく、広々とした場内が気持ちよいロケーションとなっています。

 

●アクセス●
JR水郡線山方宿駅より徒歩約30分

 

 オートキャンプ那珂川ステーション





(画像出典・公式サイトURL:オートキャンプ那珂川ステーション

 

栃木県と茨城県の県境にあるキャンプ場。

 

目の前には清流・那珂川が流れ、カヤックやラフティングなどのウォータースポーツを気軽に楽しむことができます。

 

初めてチャレンジする人にはレンタルやスクールもあり、用意がなくても心配ありません。

さらには珍しいドラム缶風呂があり、宿泊者は無料で入ることができます。

川の流れを眺めながら入浴できるので人気となっています。

 

●アクセス●
常盤自動車道那珂I.Cを降りて、県道31号線から国道118号線を大宮方面へ。
大宮より県道21号線を経て、国道123号線を宇都宮方面に向かい、芯那珂川橋を渡り50mを右折。

 

 

ユナイテッドキャンピングバードコール




(画像出典:http://www.yamanashi-kankou.jp/foreign/english/spot/p2_3097.html
(公式サイトURL:ユナイテッドキャンピングバードコール

 

都心から車で80分とアクセスがよく、日帰りでも十分堪能できるキャンプ場です。

それぞれスペースがゆったりととられているので、大きなテントでものびのびと過ごせますよ。

 

宿泊はモンゴルの遊牧民族の伝統的な家屋にも似ている、ソフトヤーツ(パオ)がおすすめです。広々とした室内で女子にも人気があります。

バンガローやテントとはまた違った雰囲気でテンションが上がること間違いなしです。

 

●アクセス●
河口湖I.Cから国道139号線を河口湖方面へ車で7分、2つ目のセブンイレブン角を南へ1Km

 

 

 箱根大平台BBQガーデン姫の台所





(画像出典・公式サイトURL:箱根大平台BBQガーデン姫の台所

 

箱根といえば温泉ですよね。

こちらのキャンプ場は、箱根で唯一、無料の露天風呂が付いたバーベキュー施設なんです♪

 

準備から片付けまでスタッフが対応してくれるので、完全手ぶらで問題ありません。

おなかいっぱいバーベキューを味わったら、無料の露天風呂で温まりましょう。

 

箱根の明星ヶ岳を一望できる素晴らしい景色が、ご飯をより一層おいしくしてくれますよ。

 

●アクセス●
箱根登山鉄道太平台駅より徒歩2分

 

 

九十九里オートキャンプ場 太陽と海





(画像出典・公式サイトURL:九十九里オートキャンプ場 太陽と海

 

千葉県の九十九里浜を眼前に広がり、抜群のロケーションが評判のこちら。

潮風が心地よい当キャンプ場はコテージなどの宿泊施設が整っているので、

初めてのキャンパーにも使いやすいですよ。

 

特に女子に好評なのが、露天仕様のジャグジーバス。

ナチュラルなウッドデッキがリラックス感を演出しています。

友達同士でゆったり入れますよ♪

 

食材の用意は必要ですが、入浴を目的に訪れてみるのもよいかもしれません。

 

●アクセス●
ひかり横芝I.Cから国道126号線を左折し国道126号線の下出羽交差点を右折。
県道48号線の野手浜交差点を左折し県道30号線沿の右側

 

 

 

浮島デイキャンプ場





(画像出典:http://www.tsukubapress.com/inashiki.html
(公式サイトURL:浮島デイキャンプ場

 

日帰り限定のこちらは茨城県霞ケ浦の和田岬にあります。

目の前は壮大な霞ケ浦。釣りやマリンスポーツができます。

 

芝生や松林に囲まれた公園内では、完備された炊事場やトイレ、水場を使うことができます(キャンプに必要な道具は用意が必要です)。

 

キャンプ場には珍しく、なんと使用料金が無料! これならいつでも行きたくなりますね♪

●アクセス●
東関東自動車道大栄I.Cから国道51、125号線を美浦方面へ。
新利根橋を渡ってすぐ県道206号線に入り、一般道で和田岬へ。

 

 

 

 

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ





 

(画像出典・公式サイトURL:大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ

 

福島県にほど近い、奥久慈地方のキャンプ場です。

まるで別荘のようにリッチなキャビンやアメリカンスタイルの本格派トラベルトレーラー、

テント用のサイトなど様々な使い方ができるのが高ポイントです。

センターハウスには男女別の温泉大浴場があり、人気の理由の一つです。

 

●アクセス●
常磐自動車道那珂I.Cから県道65号線を国道118号線へ右折して大子町方面へ。
道の駅奥久慈だいごを過ぎ、池田北交差点を左折して案内看板に従い現地へ。

 

 

いかがでしたか?

手ぶらOK、利用無料、充実した設備など、どれに魅力を感じましたか?

「行ってみたい!」と思ったら気軽に行けると感じられるはず。

次の週末は、友達とキャンプでエンジョイしましょう!

 

 

2014年12月19日

written

by peach


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop