現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月17日更新

ゼロからスタート!農業で起業するために欠かせない5つのステップ

1466 views

農学部の学生をしている者ですが、農業で起業するために欠かせないことを教えてください。(大学3年生・男性)


 

スローライフブームや起業の一環として、新規就農者は増加傾向にあります。
しかし、これまで農業に携わったことの人が、農業を始めるためにはかかすことのできない、いくつかの準備が必要です。
それでは、一体どのようなことから始めたらよいのでしょうか。
これから、農業を始めるために必要ないくつかのステップについて説明します

 

1、自分のやりたい農業の構想を固める



農業を始めるにあたり、まず重要なのが、自分がどのような農業に取り組みたいのか、構想をしっかりと固め、計画を立てることです。

・何を育てたいのか。
・どれだけの収入を見込んでいるのか。これによって、どれだけ育てなければならないか、規模が変わってきます。
・いつはじめるのか
・どこで始めるのか

 出来るだけ、具体的にイメージを固め、営農計画書を作成することが大切です。

 

農業で起業

 

2、資本金の確保



農業を始めるために、まずはお金が必要です。
田畑などの農地やトラクターなどの農機具の購入、種や肥料、農薬なども購入しなければなりません。
また、会社員と違い、作物が実際に収穫でき、売れるようになるまでの半年~1年の間は無収入の状態が続くことになります。
実際に収穫でき初めても、収穫が安定し、作物の出来が向上するまでは収入が不安定な状態が続きます。
その間、生活できるだけの生活資金の確保も大切となってきます。

出来る限り、資金を準備して、就農出来ればいいのですが、難しい場合は公的な融資制度を利用してもいいでしょう。
国や地方公共団体では、融資制度を設けています。詳細は市町村や、農協などに問い合わせてみることをおすすめします。

 

3、農地を取得する



農地の購入は、ただ、土地を手に入れるだけではいけません。このほかに農地法の許可を受ける必要があります。
許可がないと、農業を始めたくても、登記が出来ず、農地として使用できないので注意が必要です。
詳細は各市町村にお問い合わせください。

農地の購入やに際しては、農業後継者不足により、新規就農に積極的な地方公共団体があります。
情報を集め、自身の計画に合った農地の購入をおすすめします。

 

4、農業技術・知識の修得



営農計画が立ち、資金や農地の購入とともに必要になってくるのが、実際に農業を行っていくための技術や知識の獲得です。
しばらく、実際に農家で研修させてもらい、種まきから収穫まで経験を積むと良いでしょう。
専門的な技術の修得に農業大学校や民間の農業育成機関などを利用する手段もあります。

農業の技術取得の相談は、農業改良普及センターや農協、農業委員会などで行うことができます。

 

農業で起業

 

5、体力とコミュニケーションスキル



農業はやっぱり、体力勝負です。健康管理はもちろんのこと、体力の向上にも努めておくことが重要です。
また、農業を始めるにあたり、周囲の農家との助け合いは欠かせません。地域のコミュニティにうまく溶け込み、助け合っているようなコミュニケーション能力や心構えが必要です

 

いかがでしたか。このように、農家として起業するためには、準備が必要です。
農業に夢やあこがれを持つことは大切です。
しかし、簡単な気持ちだけでは、就農はうまくいきません。夢を実現させ、就農を成功させるためには、しっかりとした準備が必要です。

しっかりとした、イメージを持ち、準備することで、新米農家としてスムーズなスタートをきっていただければと思います。

 

2015年2月17日

written

by hoko


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop