現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月2日更新

【男女共通の黄金ルール】恋人候補にやってはダメな行動5つ

1863 views

男性として恋人にやってはいけないことってなんでしょうか?(大学3年・男性)


 

付き合う前の、ちょっとしたいい雰囲気の時期。

そんなときに取ったある行動で、一気に恋人候補の気持ちが下がってしまった。

……なんてことになったら、悲しいですよね。

今回は男女に共通する、恋人候補にやっては絶対にダメ!な行動を5つご紹介します。

付き合う前の慎重な時期だからこそ、気をつけたいことというものはあるのです。

あなたは大丈夫か、今一度チェックしてみましょう。

カップル

1.別の異性の存在をにおわせる



恋人になりそうな自分がいるのに、相手には他にも候補がいる……。

それを知ったら、果たしてどう思うでしょうか。

自分という存在を軽く見られているようで、侮辱された気持ちになりませんでしょうか。

一部には「他の異性に取られたくない!」と一気に付き合う段階へいこうとする人も

いるかもしれませんが、少数でしょう。

多くの人は、信頼ができない人だと判断してしまいます。

「ヤキモチを妬かせること」が目的なら、そんなことはしないことが第一です。

まずは、真摯な行動を見せ相手の信用を得ることが大切です。

 

2.恋人のような振る舞いをする



まだ告白もされていないのに、キスをされたり束縛されたりした……

一体、彼・彼女は自分のことをどう思っているのだろう?

そんな風に、相手を悩ませてはいませんか。

付き合いのスタート、というのはその後にとっても大切なものです。

だらだらとしたスタートであれば、その関係もずっとだらだらとしたものになるでしょう。

いくら恋人候補とはいえ、付き合いのスタートはきっちりとしなければなりません。

改めて、恋人になってほしいということを伝え、二人の新しいスタートを切りましょう。

 

3.自己中心的な振る舞い・考えをする



恋人候補という立場だと、ただの友人でも許されることが、許されないときがあります。

なぜなら「恋人」になったらそんな人と一緒にいなければならないからです。

とくに敬遠されるのは自己中心的な性格。

他人のことを考えずに自分の利益や損得で物事を考えるタイプです。

デート中に、他人からの迷惑に舌打ちをしていませんか?

遅刻しても、軽いノリで済ませていませんか?

自分の話ばかりして、相手の表情に気をつけていますか?

恋人候補の期間は人間的魅力も大いにチェックされる時期です。

自身の向上もできますので、ぜひ自己中心的な考え方は改めたいですね。

 

4.恋人候補のことを友人間で話しすぎない



恋愛話を友達とするのはよくあることですが、まだ付き合っていないのであれば、軽めにするか、あるいは付き合うまではその人のことは
伏せておく方がいいでしょう。

これは友人間での彼・彼女の「ネタ化」を避けるためです。

友達との会話というのは、悪気がなくてもノリで話してしまったり、悪ふざけしやすくなってしまうもの。

そんなところに大切な「恋人候補」を話題としてあげてしまったら、いくら意図がなくてもある程度のネタになってしまう危険性があります。

付き合えばある程度ネタになっても、笑い話で済むこともあります。

けれど付き合う前という繊細な時期に、彼・彼女が自分のことを友達とバカにしているように話していたら……悲しくなりますよね。

何でもかんでも話すことが友達ではありません。

友達も恋人候補も、人格を持った人間であるということを、しっかり自覚しておきましょう。

 

5.返事を保留にする



恋人候補という期間を終わりにしたくて、一方が告白をしたら「保留」にされてしまった。

でもそれでは、恋人候補の時期の意味がありません。

男女として付き合っていけるか、を見ていたはずなのに、相手は一体何を見ていたのだろう?と告白した側は悩んでしまうでしょう。

もしどうしてもすぐに結論を出せない場合は「○○までには返事をする」と期限を伝えましょう。

そうすることで、相手もいつまで待てばいいのか把握でき少しは安心できますし、自身への真剣に考える時間を作る、よいプレッシャーにもなるでしょう。

一番危険なのは「もう少し待ってくれる?」という曖昧な返事。

いつまで待てばいいのか相手はわからず、そのうち優柔不断な態度に熱も冷めていかれるでしょう。

 

最後に



恋人候補という関係は、人間関係を大いに学ばせてくれるとても貴重な関係です。

人間関係というのは真摯に取り組むことが大切です。

彼氏彼女にならなくても、真剣に相手のことを考えたあなたの経験はきっとその後にプラスになるでしょう。

今回はダメな行動をあげましたが、

マイナスなことばかり考えず、どうしたら相手が喜んでくれるかを考えたら、

きっと恋人候補から恋人になることができるでしょう。

 

2015年2月2日

written

by inori


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop