現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月22日更新

【400字以上】奨学金の申請理由の書き方と3つの例文

25647 views

奨学金の申請理由の書き方を教えていただけませんか?例文を載せてくれると助かります!(大学2年生・男性)


奨学金の申請

奨学金の申請に記入する家庭の経済状況には「家計の収入が少ない」「支出が多い」などの具体的な理由を書きます。

文字数制限が200字ほどの場合は端的に理由を説明するようにします。

文字数を400字以上記述できる場合は、上記の理由に加え学業への意気込みや卒業後の抱負を盛り込んで積極的な姿勢をアピールすると良いでしょう。

ここでは申請理由の例文を3つご紹介します。

 

例1:家計の収入が減る



私は実家が他県のため、一人暮らしをしながら通学しています。

父は自営業で収入が不安定な上、保育士として働いていた母が祖母の介護のため職を退くことになりました。

両親は家賃と生活費として月に8万円の仕送りをしてくれますが、10年前に新築した住宅ローンの返済もあり母の収入が見込めないようになると学費を捻出することができません。

ずっと休みなく働いて私を育ててくれた両親にこれ以上金銭的な負担をかけることなく卒業したいと思い、奨学金を申請させて頂きます。

私自身も現在生活費を切り詰めるため食事つきのアルバイトをしたり、できるだけ出費を抑える努力をしていますが時間が限られたアルバイトでは食費や生活費を稼ぐのが精一杯の状況です。

また、これ以上アルバイトに費やす時間を増やすよりも在学中に資格試験に合格することを目標に勉学に励み、卒業後は立派な社会人となって両親や社会に恩返しをしたいと考えております。

奨学金を承認して頂くことができれば安心して資格試験の勉強に集中することができ、社会に出ても即戦力として役に立てます。

以上の理由により貴機構の奨学金を希望いたします。

 

例2:兄弟と進学が重なる



私の両親はともに正社員として働いており収入は少なくないのですが、私の下に弟と妹がおりそれぞれの学費にこれからお金がかかるため、奨学金を申請いたしました。

弟は来春大学受験を控えており、公立の高校へ通いながら予備校へも通っています。

妹も中学の頃からから打ち込んでいる部活動を続けるために、来春からは私立の高校に通うことが決まっており、こども3人の学費が家計を圧迫しています。

父も母も私たちのために頑張って働いてくれていますが、家族5人の生活費と住宅ローンの返済に充てると私の大学の学費を捻出するのは難しい状況です。

また、私は高校生の頃から自分のお小遣いはアルバイトで工面してきたため働くことは好きですが、現在は通学に時間がかかるため平日はアルバイトをすることは困難です。

猛勉強の末に合格できた大学ですがこのままでは休学せざるを得なくなり、無事に卒業できる見通しが立ちません。

4年で卒業し社会人として独り立ちすれば、その分早く家計を支えることができると考えています。

何卒よろしくお願いいたします。

 

例3:目標のために必要な費用が足りない



私にはアナウンサーになるという目標があります。

父は会社員で収入は低くないですが、私が自らの目標のために決めた大学進学なのでできるだけ自分の力で前に進みたいという気持ちが強くあります。

アナウンサーを志した高校1年生の頃から、クラブ活動に励む傍ら長期休暇にはアルバイトをすることでできるだけ貯金をしてきました。

しかし、来年度には大学で単位を認定される半年間の海外留学も予定しており、貯金の大半を費やすことになります。

長期間の海外留学は大学生の期間にしか体験できない貴重な経験と捉えており、語学の習得はもとより異国の文化に肌で触れることにより人間としての幅や表現力の広がり、日本国内に留まらないグローバルな思考を持つことは将来アナウンサーになったときにきっと活かせると思います。

帰国後は東京で開催されるアナウンスの専門講義を受講したいと考えており、アルバイトをする時間も限られてしまいますので大学の授業料を補うため、第一種奨学金を申請いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

参考になったでしょうか?

奨学金が必要な理由はそれぞれですが、家庭の経済状況を訴えることに加え、自分の在学中や卒業後の目標を明確にすることで説得力が増します。

まずは文字数を気にせずに伝えたいことを箇条書きにしてみると、文章を組み立てやすくなりますよ。

2014年12月22日

written

by portal


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop