現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月5日更新

絶対に復縁したい!別れた女子がとるべき行動3パターン

1148 views

3年付き合っていた彼氏にフラれました。復縁したいのですがどうすればいいでしょうか 。
(大学2回生・女性)


彼氏に振られたけど復縁したい女性
自分が原因で振られてしまった、理由もよくわからず振られてしまったなど
別れには色々な理由があると思います。

別れたけど、まだ彼のことが好きで仕方がない・・・

また彼の気持ちを自分に戻したい、そんな絶対に復縁したい女子がとるべき行動を紹介します。
絶対に復縁したい女子は参考にしてみてくださいね。

 

別れてしまった原因を考える、聞いてみる



彼と別れるときにナゼ別れなければならないのかお話しをすると思いますが
実は彼があなたに伝えた別れの原因が違うことがあるのです。

それは、あなたに気をつかって傷つけないよう
ウソをついたかもしれませんしわかりません。

本当の原因がわからなければ、絶対に復縁したいと
思っていても空回りをしてしまいます。

そうならない為にも、彼の親しい友人に相談してみましょう。
なにか違った意見が得られるかもしれません。

彼の親しい友人と連絡が取れない場合は
まず一度付き合っていた頃を思い出します。

そして最初にしてほしいことは、全部自分が悪かったという視点で
付き合っていた頃を思い出してみてください。
そうすると不思議と成長しなければならない自分の小さな部分が見えてきます。

例えば、彼が仕事終わってから2人で会ったときに彼が原因でケンカをしてしまった。

もしかしたら、彼は仕事で何かがあってイライラしていたのかもしれません。
彼が悪くても私があの時に、大きな気持ちで対応していたらケンカになっていなかったかも。
という風に一度考えてみます。

一度そのように考えてみると、人間力が上がります。
そうすると、普段の人とのお付き合いにも活かせるようになります。

色んな場面で一度この思い出し作業をしてみてください。
あなたの人間力も上がり、歯車が合わなくなった原因が発見されると共に
復縁できる道がみえてくると思います。

 

仕事に専念する、自分のための趣味に専念する



これは自分を魅力的にする一番の方法です。
これは誰もが言います。認められたいなら自身を磨け!です。

気が向かなくとも単純に気が紛れるので是非行動してみてください。
新たな出会いがあればそれでいいのです。

焦らずゆっくり輝けることを見つけてください。
彼がビックリするような女性になりましょう。

 

他に好きな人がいなければ追いかけてみる、いたら親友になる



これは後々、ボディブローの様に効いてくる方法です。
少し辛いかもしれませんが彼にとってあなたがかけがえのない人だったと
気づいてもらう、そんな方法です。

絶対に復縁したい人向けなので参考にする際は
気を引き締めて行動してくださいね。

彼に好きな人ができたから別れたなんてこともあるかと思います。
そんな時は、一度あなたのことがまだ
好きだとちゃんと伝え少し追いかけその後ひきます。
ある時にふと連絡しましょう。

連絡が取れたらその時は私はもうあなたに
気持ちがないけど友達として連絡していると
彼には思わせるように接してください。

そして苦しいですが、親友のように時々電話で
相談できて居心地の良い環境を整えてあげましょう。

男性は、居心地の良い女性と一緒にいるのが大好きです。
時には彼が現在好きな人の相談もしてくるかもしれませんので
我慢ができない人はこの方法は向いていません。
がんばれる人は、2人で会おうとなったら復縁は近いかもしれません。

彼に好きな人がいない場合は、追いかけることで
最初は重たい、面倒と思っている彼も
後々あなたに愛を感じるようになります。
そして、彼が辛い時にあなたを思い浮かべるようになります。

人は人に必要とされることを常に心のどこかで望んでいます。

諦めかけてた頃にあなたにまた会いたいと思うかもしれません。
その時にあなたがまだ彼を思っていたら優しく迎えてあげましょう。

上記の方法は、どうしても復縁したい人向けです。
簡単に伝えてしまうと、男性は常に甘えん坊の人が多くプライドが高いのです。
母親のような時にわがままな姉、妹のような人と一緒にいたいのです。

ちゃんとした男性は、誠意に対して誠意で応えてくれます。
あなたが選んだ男性が間違っていないと思ったら、この方法を試してみてくださいね。

 

 

 

いかがでしたか?
どんな道を選ぶかはあなた次第です。
世界中を探しても、彼は彼ただ一人です。
それはあなたも同じです。

どんなことをしたら一番幸せになれるか。
この記事が少しでもあなたの幸せのきっかけになれば幸いです。

 

2014年12月5日

written

by ちはるた


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop