現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月3日更新

資金ゼロでもできる!起業のための資金調達方法5つ

752 views

漠然と起業を考えていますが、資金面が心配です。
起業した人はどのように資金を調達しているんでしょうか?(大学1年生・男性)


起業

「起業したいという熱意はあるけど、資金がない!」
それでも、夢を諦める必要はありません。
この記事では、起業のための資金調達方法を5つご紹介します。

 

融資を借り入れる



融資とは、個人又は法人が必要な資金を金融機関などから借り入れることを言います。
つまり、厳格な審査と返済の義務が伴い、利息もつきます。

融資を行っている機関や制度は様々なので、自身の条件に見合ったものに申請しましょう。
以下に、日本政策金融金庫が新規事業主向けとして行っている融資制度を2つご紹介します。

参考:日本政策金融金庫 http://www.jfc.go.jp

 

 女性、若者/シニア起業家支援資金



生活事業の場合、女性または30歳未満か55歳以上の方で、 新たに事業を始める方や
事業開始後おおむね7年以内の方が利用出来る支援資金です。

ビジネススキルを積んでからは、もちろん、30歳までに起業したいという熱意あふれる若者、
そして、全ての女性の背中を押してくれる融資制度です。

 

新規開業資金



現在、勤めている企業と同じ業種の事業を始める方で、
その企業に勤続6年以上の方、
もしくは、現在勤めている企業と同じ業種に通算して6年以上勤めている方

大学等で修得した技能等と密接に関連した職種に継続して2年以上勤めている方で、
その職種と密接に関連した業種の事業を始める方

技術やサービス等に工夫を加え多様なニーズに対応する事業を始める方

雇用の創出を伴う事業を始める方

1〜4のいずれかを満たして事業を始めた方で事業開始後おおむね7年以内の方

以上のいずれかに該当される方が利用可能です。

 

助成金・補助金を受給する



助成金も、補助金も返済する必要はありません。これが融資とは違う点です。
会社の運転資金、設備投資などに利用出来ます。

ただし、起業や新技術開発の時に、すぐにもらえるものではなく、
半年経過してからの支給申請、又は指定された対象期間を経過してからの支給申請となります。

 

 クラウドファンディングで出資を募る



最近、耳にすることが増えてきたクラウドファンディング。
不特定多数の人からインターネットを経由して、財源の提供や協力などを募ることを言います。

クラウドファンディングで重要なことは、会ったこともない人が応援したくなるような、
魅力的で社会に役立つプロジェクトを計画し、出資者にとってどんなメリットがあるかを明確に伝えることです。

基本的に、クラウドファンディングで出資を募っている人は、一人一人から受けた支援額に対して、
それに見合うお返しをします。
例えば、3000円支援してくれた人には、オリジナルメッセージカードを送る、など。

クラウドファンディングサイト
CAMPFIRE http://camp-fire.jp
READY FOR? https://readyfor.jp

 小さく稼いで、大きく育てる



手作りのレモネードを販売した売り上げで332台もの車いすを寄付したという、
11歳の男の子が、世界中から感動を呼んでいます。

他にも、手作りのポテトサラダを販売して、その売り上げでピザを販売して、
と事業を広げている男性も全米で話題を呼んでいます。

最初から大きなことをするのは難しいかもしれませんが、
小さな事業を大きく育てて行くという方法もありますね。

 

投資家から出資を受ける



創業間もない企業に対して資金を供給する裕福な人、エンジェル投資家と呼ばれる人たち。
そうでなくても、投資先を探している人は確かにいます。

しっかりとした有望な事業プランを持ち、彼らに気に入ってもらえたら、
こんなに心強いことはありません。

難しいのは、そういった投資家に出会うことですが、インターネットなどでアピールすることが大事。
投資家と起業家が出会えるSNSを活用するという方法もあります。

エンジェル投資家と起業家を結ぶSNS
https://angel.co

 

いかがでしたでしょうか?
是非、この5つの方法を参考に、起業のための資金調達にトライしてみて下さいね。

2014年12月3日

written

by marumo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop