現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月4日更新

いつからいつまで?飾り方は?鏡餅に関する豆知識8選

771 views

鏡餅っていつからいつまで飾っておけばよいのですか?(大学2年生・男性)


鏡餅
鏡餅、みなさん飾りますか?あるだけでお正月気分になる存在感がありますよね。
ここでは鏡餅の豆知識を8つご紹介しましょう。

 

鏡餅とは



 

鏡餅は正月飾りの一つで、歳神様への供え物です。
一般的な見た目は、丸く平らな大小2つの重なった餅に橙(だいだい)が乗っています。
地域によって餅の数や材料などに違いがみられます。

 

「鏡餅」の名の理由



 

ズバリ、鏡に似ているからです。
遺跡から発掘された鏡と名のつくものを思い出してください。
丸くてその役割は祭具や神具でしたよね。円形の鏡がご神体という神社は今でもあります。
門松や注連縄で歳神様をお招きし、鏡餅に宿っていただくのです。

 

他には三種の神器の一つ鏡に由来している、
心臓や人の魂に似せているなどの説があります。

 

鏡餅の飾り方



 

飾り方は地方によって違います。ここではよくみられる飾り方を紹介しましょう。

1、三方に四方紅をしきます。なければ奉書紙や正方形に切った半紙で代用しましょう。
2、1の上に裏白(シダの一種)を敷きます。裏白は裏を表(上)にします。
その上に御幣(ごへい)か四手を載せでください。
3、2の上に大きい餅を乗せ、餅の上に昆布を載せます。
4、昆布の上に小さい餅を載せ餅の上に串柿、橙、扇などを飾れば完成です。

 

 

鏡餅の飾り



 

鏡餅の飾りにもそれぞれ由来があります。

 

四方紅 四方を紅く縁どることで「天地四方」を拝し一族の繁栄を願います。

裏白 シダの葉が古い葉と新しい葉が一緒に成長することから、末永く反映するように祈ります。
御幣・四手 四方に大きく広げることで繁盛するという意味です。紅白の場合は魔除けになります。

昆布 喜ぶの語呂合わせです。

串柿 十個の干し柿を細い竹串に刺したものです。三種の神器の一つ剣に見立てたものです。

橙 三種の神器の一つ勾玉に見立てたものです。
子孫が代々栄えるようにという願いです。
橙が手に入りにくい場合はミカンで代用します。



鏡餅を飾る場所



 

床の間または玄関に大きくて立派な鏡餅、
それ以外の部屋には小さな鏡餅を供えましょう。

床の間がない家は玄関から遠い奥の場所に備えます。
トイレなどの不浄な場所にはお供えしない方もいますが、
逆に歳神様が宿られるので清められるという考えが多いそうです。

鏡餅の由来を思い出し、あなたにとって大切な場所に置くのが一番だと思われます。

 

鏡餅を飾る期間



 

飾り始めに一番良い日は12月28日とされています。漢字の「八」は
末広がりを意味するため、日本では縁起の良い数字とされているからです。
もちろんこの日より早くても問題ではありません。
次に良いとされているのが12月30日になります。

29日は「九」の読みが苦しみを思わせるため、避けることが多いようです。

31日に飾ると「一夜餅」となるため避けることが多いようです。

神様への供物なので、松の内(1月1日から1月7日)は飾っておき
終わったら下げましょう。

その後鏡開きを行います。

 

鏡餅の食べ方



 

神様に備えた鏡餅を下げた後、お餅を割って食べることを「鏡開き」といいます。
一般に1月11日に行われ、餅はお汁粉やお雑煮などにして食べます。

鏡開きで絶対やってはいけないことは、餅を刃物で切ることです。
刃物で切ることは切腹につながるため、餅は木づちや金づちで割りましょう。
「割る」は忌み言葉のため「開く」が使われているのです。

鏡餅を食べることを「歯固め」といいます。

 

鏡餅の歴史



 

平安時代には既に存在していました。
源氏物語に「歯固めの祝いして、鏡餅さへとりよせて、」とあります。

明治から大正にかけて刊行された古事類苑に、鏡餅について記述されています。
これによると江戸時代初期の鏡餅は黒かったそうです。
このころは黒米が常食であったためとされています。

明治時代に浮世絵に描かれた鏡餅は白です。

 

鏡餅について少しは詳しくなれたでしょうか。
参考にして自分で鏡餅を飾ってみたり、鏡餅を見てこの豆知識を思い出すのもいいでしょう。
知識を生かすのはここを読んだあなた次第です。

2014年12月4日

written

by ミネ・クレ�%8


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop