現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月5日更新

意外と知らない鼻血が出たときの正しい対処法

573 views

 


私はよく鼻血が出るのですが、実際どうやって対処するのがいいのでしょうか?(大学2年・女性)


 

鼻血は、鼻をけがしたとき、鼻をいじったとき、鼻をかみすぎたとき、又は空気が異常に乾燥したときに起こりやすくなります。

人によっては、何もしないのに突然出やすい体質の人もいます。

ですが、それも異常なことではありませんし、めったに生命を脅かすものでもありません。

多少鼻の粘膜が弱いのでしょう。

でもちょっと恥ずかしいかもしれません。

ではこれから、鼻血が出たときには、どのようにしたら落ち着いて、鼻血をとめる対処が出来るかをご紹介します。

鼻を押さえる女性

 

鼻血が出た時の正しい対処法



鼻血の出やすい体質の方は、いつ、どこで出るのかわからないのでとりあえずの対処法としては、いつもティッシュを携帯することをお勧めします。

その他に出来ることはどんなことでしょう?

 

 

ティッシュで鼻を押さえる



鼻血の90%は、キーゼレバッハ部位と呼ばれる小鼻付近から出ます。

最初にやらなければいけないのは、2本指でキーゼルバッハ部位を両側から強くつまむことです。

手近にあるティッシュやコットンなどで、洋服などに血がつかないように鼻を塞ぎましょう。

この時、絶対に鼻をかまないで下さい。

鼻にティッシュをつめることもお勧めできません。

鼻の血管を傷つけ、更に出血がひどくなる可能性があります。

 

 

楽な姿勢で休む、でも横にはならないで



椅子に腰掛け(もし座れない場合は立ったままでも)ちょっとだけ前に顔を傾けて下さい。

あなたは恐らく、身体を後ろに傾けたくなると思いますが、そうすると血を飲み込む恐れがあり、その結果胃を刺激し、吐き気をもよおすこともあり得ます。

横になりたい衝動に駆られますが、こちらも血が喉に流れて飲み込んでしまうのでやめましょう。

首の後ろ側をトントンたたくのも、お勧めできません。

 

 

 キーゼルバッハ部位(小鼻)の周りを冷やす



もしキーゼルバッハ部位を両側からつまんでも鼻血がとまらないようなら、氷などで冷やすと血管が収縮し、出血を弱めることが出来ます。

下の方法を試してみて下さい。

・ ハンドタオルを冷たい水で濡らして小鼻付近を冷やす。 肌にとっては氷よりも冷水の方が楽です。

・ ジップロックのような袋に氷を入れて、それを小鼻付近にあてて下さい。砕いた氷であれば、尚いいでしょう。

 

 

乾燥は大敵



多くの人が、乾燥する時期に鼻血がでるようです。

鼻血のリスクを軽減するために、次のようなことをやってみては?

 

・ 加湿器を使う:

加湿器はお手頃な値段で購入することができるので、睡眠時には加湿器を使いましょう。

 

・ 薬用塩水スプレーを使う:

鼻用の薬用スプレーは、塩水でできています。 単に鼻腔を湿らせるために使われるものです。 一日に何度かスプレーしましょう。

 

 

身体を凉める



熱気は時として、鼻血につながります。 身体や環境を涼しくキープしましょう。

・ 家の中が暑いときには、扇風機やエアコンを使う。

・ 通気性のある綿の素材を着る

・ 水分補給を怠らない

・ 手首に冷たい水をかける

 

 

鼻血が出たら、上に説明した方法で10分程小鼻をつまんだ後、鼻からそっと手を放してみて下さい。

まだ鼻血がでてくるようなら、再度10分間同じようにつまんで下さい。

20分以上停まらないような鼻血が頻繁に出るのであれば、他の病気も考えられますので、一度医師に診てもらいましょう。

 

 

2014年12月5日

written

by ottawa-shoko


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop